スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Japan to Korea
- 2014/09/30(Tue) -

結果として、彼らの存在と情報が今回の横断達成には不可欠だった。
日本へと海を渡るちょうど一ヶ月ほど前のこと。無事日本の対馬から韓国までをカヤックで彼らは渡り終え、その無事報告をFacebookで知った。
過去数十年と誰かがこの海峡で横断を果たしたという正式記録がないため不明ではあるが、どうやら漁船などのサポート船なしでカ横断を果たしたのは彼らが初めてということで、僕は2番手ということになった。
彼らも韓国入りを目前にして、やはり韓国税関とのやりとりに手をこまねいていたそうだ。
一方僕は逆ルートとはいえ、彼らが海の道を切り開いてくれたため、少しなりともその恩恵を受けていただろう。
彼らの記事を見て渡り切れると確信したし、彼らの成功を聞いて気持ちを揺さぶられた。簡単には諦められないなと。

1年前までカヤックに乗ったことがなかったというアメリカのマイクと、プロのガイドでもある原さん。
2人がチームとしての関係性が次第に深まり、二人で成し遂げ喜び合える様子がJapan to Korea のホームページ(http://japanese.japantokorea.asia/)やFacebookから伝わってきて、ソロの自分からすればなんとも羨ましかった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
刺さった小骨がようやく抜けて
- 2014/09/08(Mon) -
IMG_0433-001.jpg
2014.8.14 iphone5 Kamitsusshima

今さらながら、何か渡り切ったことをきちんと公的に証明するような写真がないことを悔やむ。
基本海の上では一人で自画撮りもしないし、変化の少ない海だったということもある。それ以上に道中気持ちが焦っていたのだろう。到着時には役所勤めの方たちを遅い時間まで待たせていたため、恐縮して「写真撮って下さい」などという勇気もなかったし、またそんな気持ちの余裕もなかった。もったいなかったなと思うもののいまさら仕方ない。
写真もないし、というわけで自分なりにこれこそ証だという写真だったために掲載。

何とか渡り終えた翌日、温泉でふとわが右肘を見ると真っ赤にはれ上がっていた。どこもぶつけてはいないのに、何かに刺されたわけでもないのにパンパンになっていた。ずっと痛みを引きずりながら無理して漕いでいたということだった。どれだけ準備して備えていても、疲労骨折やら痛みで腕を動かせなくなったりしたらもうどうにもならない。1人で漕いでいる以上自分の体の異変にも注力し先に進むかどうかを決めなければならなかった。

肘は腫れたけれど小骨がようやく取れた。
一年間毎日悶々とこの海渡れるかどうか気になっていた。四六時中この地域の天気を見ながら、今日なら渡れそうだとかなんとか見たりして、なんだか心にいつも小骨が刺さったようだった。長いこと「日本にはカヤックで渡って帰るんだ」公言吹聴していたし、やれずにいたこととを悔やみ、やらねばならないことに畏れててもいた。
その後、ひじの腫れ+保安庁のご心配+荒れ天気が続く=仕事復帰に間に合わないために、カヤックでの対馬ぶらり旅と再度の海峡横断壱岐島への旅は今回断念せざるを得なかった。ので続きはまた別の休みの機会ということになる。
そろそろ終わらせ方を決める時が来たようだ。カヤックでどこまで旅して、最後はどこで終わりにするか。

もう一つの小骨だった試験に今日受けて点数は合格!証書を待つだけとなった国内旅行管理者資格を携え、最後の国のゴールは富士山頂と決めた。あとは動力の助けを借りずにどうやって富士山までたどりつけるかだ。
登頂後ウィニングランならぬスキーで最後は滑降してだなと、夢はまだ膨らむ。
この記事のURL | シーカヤック 韓国-日本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
達成
- 2014/08/19(Tue) -
RIMG0079-001.jpg
2014.8.13 RicohPX 国境近辺にて

「あれこれ考えたってどうせ思い通りにはなんねぇ。だったら飛び込め、なんとかなるもんだ。死にたくねぇからな」
と夏ばっぱ。
ついに自分の目前も四の五の言ってられない状況になった。海が兆候もなく急に流れ始めた。スピードが出ない。7km/hペースで来ていたが一気に5km/hを切った。海流に真正面に向かうと3km/h以下となる。10時の時点ですでに、対馬の佐護15時半着は不可能なことは明らかだった。税関、保安庁に遅れる電話を入れる。「17時頃になります」と。心の中では間に合わないだろうなと思いながらも。
その間手を止めれば進行方向とは逆の北東にぐいぐいと2km/h~3km/hのスピード流されていく。いたって穏やかな海の中に目に見えぬ強さがあった。先に進むか戻るかで常に自問する。まだ戻る体力は温存しているしリスクは低い。流れの強い海流があとどのくらい、あと何時間続くかだ。そして自分の気力と体力がどこまで耐えられるかだ。行くか止めるか決断が遅れればそれだけリスクも高まる。漕ぐ手を止めたところで誰も助けてはくれない。
12時間、いや20時間漕いでも漕ぎ続けられる体力はある。夜間航行の準備も一応してある。天気は明日の朝まで穏やかで波風が高まることはない。よし行こう。何時間かかろうと対馬のどこかにへばりつければそれでいい。

しばらくすると長いこと距離をおきついてきた海洋警察の船がぐっと近づいてきた。「あなた流されてます。これ以上は危険だから進まないで下さい」とでも言われるのかと思ったがそうではなかった。
「さよなら~、さ、よ、なら~」操縦室あたりで手を振っている人が見える。「さよなら」という言葉は悲しい響きであまり使わない。「じゃあね」というのも間が抜けている。面倒なことに付き合わされたに違いないのに、彼らはいつまでも手を振りながら船は大きく西へと旋回していき気づけば見えなくなっていた。一緒に韓国帰りたいと思ったが、彼らが引き揚げていったということは日本の領海にまで来ているということだ。
静寂。
今は強い流れを船の横で受けながら並行移動するフェリーグライドという方法であえて流れされながら、海流の島影まで回り込んで進むと決めた。この作戦にしかない。
もともと流れを想定して対馬の北側西よりの港をターゲットにしていた。今の流速の中をまともに向き合い漕ぎ続ければ早いうちいつか体力が尽きジエンドだというのは分かっていた。であればあえて流されるしかない。すでに現在の進む方向にそのまま向かえば島をギリギリアウトでかすめていくライン取りになっていた。もはや手を止める暇はない。国境でカヤックから海に飛び込み体で国境線をつくるバカな写真を撮る夢も潰えた。

視界に鳥以外生き物の姿はなくなった。鯨が出ると対馬で脅されたが不思議と恐怖はない。漕ぐしかないからだ。
数時間漕いで到着時間を割ったり掛けたりして計算すると到着は夜になりそうだった。17時が、後に19時とどんどん遅くなってしまう。検疫の方だけは必ず上陸地にこなければならず待たせなければならないのが申し訳ない。
長く全力で漕ぎ続け、次第に対馬方面へと船を向けてもスピードが落ちなくなったことが分かり、海流の強い流れから抜け出したことが分かった。夕刻になり風も背中側から吹いてきたためかとも思ったが少し楽なパドリングとなった。しかしまだ島影は見えていない。

残り20km。18時半頃到着が見込めてきた頃になってちらちらと対馬の姿が見えてきた。ひょっとすると雲の切れ間かもしれない。
僕は長くこれがやりたかったのだ。日本に帰ってくる、その方法として動力は自力で。
長くかかった旅もこれで10カ国目。最後の国日本に帰ってきた。昨日対馬にいたけれど、気持ちの上ではまだ途上だった。海流が逆境でも手続きが大変でも韓国側から日本にカヤックで帰りたかったのだ。ようやくそれが見えてきた。
しかしいつも通り見えてきてからが長い。15Km。少し安心できる距離となる。スピードだいぶ上がってきた。だが忘れていた。島の周りには、特に北端や南端といった島の端っこには潮がきつく流れているということを。そんないつもの単純なことすら忘れて潮がこの時間どちらに流れるのか調べてもいなかった。

カヤックは再び流され始めた。島影に回ることも叶わず大きく手前で南に引き寄せられていた。辺りは次第に暗くなり、陸が見えているというのに、スピードが出ているのに近づけずにいた。そして日は沈み暗闇に。漁船がうろうろしている中でちっぽけなカヤックは安全ともいえない。ストロボを焚いて再び全速力で漕ぎ始める。
灯台もあまりなく海から町の明かりが見えなかった。入り組んでいるために隠れているのか僕のナビが狂っているのか。次第に焦り出す。すぐそこには陸地で砂浜上陸してしまってもよかったが、検疫がそれを許してはくれないだろう。それに相当長い時間待たせている。
明かりが見え近づくと大きい漁船だったりする。まだ満月は空にあがってこない。ついには携帯の充電も1%となった。
鰐浦港というのが僕がたどり着いた港だった。暗くなり目標点を見失ったが、夕方保安庁に告げていた場所に着いた。
港の奥についても人の姿はなく、しばらくカヤックの中で人が来るのを待つ。検疫の方に上陸しないで待つようにと指示されていたからだ。
警察、海上保安官、検疫の方がお出迎え。取り締まりというか質問というか尋問が続き、居心地悪かったが、最後に始めてみる笑顔で「どこが一番きつかった?」と聞かれ、何とか無事着いたのだという実感を得たのだった。

翌日、温泉で体重計に乗る。多分この1日で2kgは減ってる。それでも4月の最大体重から一時的でも14kgの減量完遂。タブルで目標達成となった。

map3-001.jpg


この記事のURL | シーカヤック 韓国-日本 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
駆け込み出艇、いざ勝負
- 2014/08/18(Mon) -
RIMG0068-001.jpg
2014.8.13 Ricoh PX Pusan 70Km

そして出発。
結局気持ちの高ぶりは治まらず、興奮して一睡もしていない。大丈夫かこんなんで?と思うが今は神経がギンギンに覚醒している。

カヤックを出発前に組み上げるというのもまたドタバタだ。許可申請もぎりぎり、おそらく全ての体裁を整えたのはいいが、これからのカヤッキングに必要な道具や一部部品が欠損、なんて不具合が生じたりなどしたら一貫の終わりだ。あれこれ関わってくれた人に恥ずかしくて目も向けられなくなる。

早朝4時半。暗い中ヨットハーバーでカヤックを組み始める。
そしてほら来た、1ヶ所部品が破損している。組み合わせたフレームのジョイントを保護するためのパーツがぽっきり根本から折れて外れていた。いやな予感その1だ。出航を取りやめろというサインか。しかし同じような箇所は去年も外れたじゃないかとひとりごち、前回1ヶ月間しのいだようにテープを巻き、荷物で押さえこむ。今日1日しのいでくれればいい。これだけ準備に時間がかかったのだし一からすべてをまた二度とはやりなおせない。ここまで開かない扉をこじ開け進んできたのだ。
とはいえ海上でカヤックがぽきりとV字に折れたりでもしたら、ただただ漂流するしかない。不安はゼロにはならないが、睡魔もカヤックも、許可も天気も全て不安なく出航したかったのだ。同じような箇所が以前壊れていて気持ちの上では助かった。
だが気持ちがあせっている。組み立てに時間を要しうまくいかず、いつもより神経質になっている。

カヤックを組み上げこれで横断に向けすべての条件が整った。
1、風:4m/s以下と奇跡的に弱い。これが一日中続くなんてこれまた素敵。
2、波:台風によるうねりはあるものの予報終日0.5m程度と素人の私でも安心快適。
3、それらの向き:横からやさしく吹く風に後方よりの波、影響は少ない。
4、潮流:海流とは反する最強流速がAM10時頃Max記録予定。これに乗ればきつくはない。あとでこの読みの甘さに翻弄されるがこのときは知る由もない。
5、雷:発生確率は0%。5%でもあれば中止する予定だった。僕にとっては一番の天敵。真上で光ると思考停止する。
6、海流:時速1キロから2キロの速度で竹島/独島方面の北東へ向けて流れる。進む方向からすれば、直角よりややきつく120度角くらいか。パワーの凄さに恐れ慄くがこの時はまだ知る由もない
7、保安庁、海洋警察へ連絡して出発したいざ出発。

日々自己紹介に次ぐ自己紹介をする仕事を長年続けているが、これまで何百回繰り返しても毎回緊張してしまうほどチキンハートの自分だけに、天気に対しては慎重に慎重を重ねて決断した。自分のレベルでは8月、この日しか横断できなかったと思う。もうあとは漕ぐだけなのだ。
ヨットハーバーには海洋警察の小さいボートが待機していた。まだこの時間動いているヨットはなくリスクは少ないがどうやらエスコートしてくれるらしい。と思えばお気に中型、さらに沖に大型の船にバトンタッチ形式で計三艇入れ替わった。こんな遊びに付き合わせてしまい本当に申し訳ない。
しばらくは時速7キロ~8キロのスピードで進んでいた。到着予定時刻を15時半と設定。出発が6時半だったため約9時間の航海だ。対馬の佐護という港まで直線距離は60km。時速7キロ程度であればささっと着く予定だったのだが、やはりそんなに甘くなかったことをのちに悟ることになるのだが、まだこの時は知る由もない。
一時間おきにパドルを休め休憩する。おにぎりをたべ、塩飴を摂り、水をがぶ飲みする。とりたて景色も変わらず単調になるから休みの暴飲暴食だけが楽しみになるのだ。振り返ると巡視艇も遠く離れたところでゆっくりついてきている。そして沖に向かうのにはとても似つかわしくもないサザンを流し口ずさみながらテンポをつけてパドリングしていたのだった。まさか携帯の充電が1%にまで落ちるとはつゆ知らず、このときは知る由もない。

進めば進むほどスピードが落ちてきていた。1年間完治していない左肩甲骨の痛みがまたうずき出す。早くも右ひじはパドルをさすだけで痛みだした。いやな予感その2だった。
どうやらこの痛みのせいで速度が落ちてきたのではないと気づいたときには、海流の本線に入り込んでいたのだった。
(つづく)

map2-001.jpg
この記事のURL | シーカヤック 韓国-日本 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
要するにめんどくさい手続き
- 2014/08/18(Mon) -
IMG_0424-001.jpg
2014.8.12 iphone5 Pusan

カヤックで日本に入国するのであれば、24時間前までに海上保安庁に電話するという連絡義務があった。「さっき対馬に着いたところですが、明日高速船で釜山に行き、翌日カヤックで戻ってきます」という訳の分からぬ申し出にも関わらず、冷静に「では書類を提出してもらわないといけませんね」とのことだった。以前と違い面食らう。
続いて日本の税関にも電話をいれる。「厳原にお越しのようですから一度高速船に乗って戻る前にお立ちより下さい」とのことだった。僕が何をしに対馬に来ていてあわよくば何をしようとしているのかがばれてる。昨日の釜山発の高速船には僕以外全員が韓国人だった。しかもカヤックをごろごろ引っ張っていただけにマークされていてもおかしくはない。
「では入管の方も呼んでおきますから」
韓国に戻る高速船の出発まで多少時間があった。ここへきてやんわりお断り、なんてことがふと頭をよぎる。

対馬の税関、入国管理局ともに厳原にあり、上と下の二つに分かれた対馬の下の方さらに南の方に位置している。僕が対馬着でターゲットにしているのは当然最短かつ安全な場所であり、上対馬の北端近辺となる。もし韓国から厳原までカヤックで目指すとなると無上陸で丸3日はかかるだろう。そのため税関も入管さんもわざわざ僕がターゲットとしている港か浜まで特別に出向してくれることになるのだった。
「検疫さんには連絡した?」と聞かれる。以前に入国したらその場でエタノールで消毒して下さい、と連絡をもらっていた。
だから検疫はパスしたものだと思っていた。
この検疫が大変だった。対応する人が1人しかいない上に、突然カヤックでなんて話がきたもんだから多少いらつきパニくらせてしまった。
というとでシーカヤックで国をまたいで入国するためには、保安庁に連絡し場合によっては計画書や入港手続きを提出し、税関に通知し、入国管理所に船員届けや臨時特別入港入国届けみたいなものを作成してもらい、、、と要するにめんどくさいのだ。

一方韓国サイドでは。
これまたもっと面倒くさい事態が待っていた。
16:30 カンさんと釜山港で待ち合わせ、そのまま出入国管理局へ。30分ほど時間はかかったけど、入国後すぐ出国のスタンプを押してもらった。晴れてどこの国にも存在しない身となる。
税関へ。前回とは異なる場所に行き、出航場所として選んだ松島(Song-do)ビーチでの手続きのためにこの写真の場所へ。手続きはスムーズかに思えたが、ここからが劇的だった。
別の税関デスクに最後行かなければならなかった。まさかまさかと思いカンさんに付いていくとあの厳しいおっちゃんのデスクへと向かうのだった。
カンさんはカヤックは手荷物でそのまま持ってくれば大丈夫、と昨日電話言っていた。そしてまさかのおっちゃんは、前回の時と同じように僕らに「No」という答えを突きつけたのだった。
いい分は前回と変わらずらしい。カヤックを持ち込んで入国する以上、申請し必要な検査や審査を受けなければならないとのこと。すぐ目の前一時間前に入国してきたのだから、必要なら今カヤックの検査してくれというわけにもいかないらしい。
カンさんは聞いていない、おっちゃんはこないだもこいつの連れにそう言ったんだの一点ばりでまるで突破口がみえないまま、1時間半。ついにはカンさんも言葉少なくなってしまった。諦めるしかないのか。韓国語を話せないだけに目で訴え、粘って認めてくれるまで動かないぞという姿勢を見せることぐらいしか僕にできることはなかった。
18時を回り、署内に人がどんどんいなくなっていく。数人の味方かどうか分からない人たちが厳しいおっちゃんに何とかしてやれ、みたいなことを言ってくれるが頑としてききいれてくれなかった。
返す言葉がなくても動かず粘り、おっちゃんは一言「あいつに聞いてくれ」みたいなことで指をさした。
18時半、その指差された上司だか担当だか分からない人が、カヤックが検査台を通った証拠を探し、その時間に必要な検査をしたということを時間をさかのぼり特別に処理してくれたのだった。
奇跡は起きたと喜んでもいられなかった。
再びこの事務所に戻り、残りの手続きを行う。当初の松島ビーチという場所から出航はできなくなっていた。国外に出ることができる場所は釜山港かヨットハーバーに限られているとのことだった。
対馬までの直線距離はさらに遠くなる。そしてこのヨットハーバーを使用するための許可が必要なのだった。
釜山市が管理するこのヨットハーバーに電話するカンさん。すでに責任者は帰っているようで、電話の相手は自分には許可する権利がないと言っているようだった。
それでもかけ直すから待っていてくれということで、待つこと30分、40分。もう祈るしかない。
明日カヤックで出発することへの不安など考える余裕もなく、ただ「Yes」と言ってくれるのを待つしかなかった。

あとで食事した時に聞いて分かったことだけど、カンさんの諦めず交渉し続けるという押しの強さは韓国人だからということではないらしい。無償のボランティアではなくビジネスとして契約していたからこそ、粘りに粘ってくれたらしい。
約1時間後、電話の交渉の末ヨットハーバーの出航許可も下りた。ヨットハーバーは税関では別の管轄だということで、タクシーで急ぎその管轄の税関へと向かった。
どこでもそうだけど、根底には前例がない、1人で海に出る、自分が許可したことで事故でも起きたら責任を負わされる、という考えがあるようだった。渡れるかどうかはやってみないことには分からない。僕だって前例がないことに対する怖さや事故が起きた時、会社や家族が謝ったり対応したりしている姿を想像すると申し訳ない気持ちになるし、そんな可能性があるならやるべきではないとも思う。素人ながら天気をみれば明日8/13しか渡れる日はなさそうだった。一日待つと昼過ぎの早い時間から風は強まり、海は荒れだす。であればここでなんとか今晩中にすべての許可を得るしかないのだ。
22時、ようやく最後の手続きを終えたがまだ泊まるところが決まっていなかった。
海雲台ビーチという観光地の近くだったため、カンさんが何とか寝床を見つけてくれた。ユースホテルなのに1万円。ヨットハーバーを下見し、カンさんと韓国最後のクイックディナーを取り、ホテルの部屋に戻ったのが23時半だった。
カヤックを組み立てることもできず、明日5時に出発。もうめちゃくちゃな強行だった。こちらの都合でいうならば、韓国の方が安全を思うあまりどんどん安全ではない方向に事が進んでいるようだった。
大急ぎで荷物を振り分け、チェックしベッドに横になった。
いよいよだ。明日への興奮というより、今日の出来事にあまりにドキドキさせられ気持ちはうねりのように浮き沈みを繰り返したために寝付けそうになかった。

~カヤック等でサポート船なしに日本-韓国間を渡航する稀有な人へ参考情報~
必要な手続きや連絡は以下の通り
<日本側>
●海上保安部警備救難課 比田勝 ものしくは厳原局へ
①事前の計画通知 ②24時間前までに口頭連絡 ③必要書類のFAXもしくは提出 ④船員リスト提出 ⑤出航後の定時連絡
●厳原税関支署
①事前の入港場所・時間連絡 ②税関申告書の受け取りと事前記入、入国時の提出 ③遅れるようなら時間連絡
●福岡入国管理局対馬出張所
①事前の計画通知 ②指定の船員リスト ③所の方で作成してくれる特別入港許可所の書き込みと提出 ③遅れるようなら時間連絡
●検疫
①指定の船員リスト ②船内で病気したかどうか問われるYes Noアンケートのような用紙を受け取り入国時の提出に備える ③当日の入国時間と場所を伝えて打ち合わせ

<韓国側>
●入国管理局 Immigration(パスポートに判を押す)
通常は税関の許可が下りないとスタンプは押してもらえないとのこと。(たぶん)
①特別出国申請 釜山港のオフィスで行けば所定の用紙がもらえます。記入してその場で提出。
●税関 Costoms
日本の税関では動力のない船は手荷物扱いになりますが、韓国の税関ではいかなるものも船舶扱いとなり、国内に持ち込んで使ったりする場合には審査だか検査が必要。カヤックは船検証がないため、船と認定するための書類がなく、韓国側はこの辺があまり理解できないようです。船=どこかに登録している=車検証=もってこいみたいな考え。
①入国時に申告書にカヤックと記入して提出 ②引き渡すかのかどうか日数が必要なのかは不明 ③釜山港の税関でカヤックを持ち出すための手続き ④出航地付近の税関で再度申請手続き。許可証がないとどこかで止められたりしたときに一発OUTです。罰金罰則あり。
※日本とちがい税関と出入国は完全に分離しています。
●釜山市ヨットハーバーの使用連絡
ヨットハーバー側には許可ないし拒否したりする権利はないとのこと。僕があまりにも急いで出国するため、あせっていて安全上不安ということで、返事を渋っていたとのことでした。よって前もって連絡し日時を伝えておけばたぶんOK。地元のカヤッカーも出入りしているとのこと。
●海洋警察
①事前の計画通知 ②海上で取りあえる電話番号の通知 ③出航場所と日時の通知 ④定時連絡
言わずもがな。事前と当日の様子を逐一伝えないとならない。携帯でもなんでもいつでも連絡をとれる手段を確保しつたえておく。今回は携帯の他衛星携帯電話を使用、その番号も知らせておいた。出航場所には海洋警察官が付き添い、海上でも遠く後方で見張ってついてきます。保安艇がいても2時間おきに指定された場所に電話連絡が必要。

その他
海上では韓国のSK社の携帯電波が韓国側から40km沖合まで圏内、SK後は韓国OLLEH社の電波が対馬10KM付近までアンテナ1本。我AU社の電波は弱く対馬から20km付近まで近づいてから安定通話圏内。 2014年8月現在。
この記事のURL | シーカヤック 韓国-日本 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。