スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
変わらぬものと変わりゆくもの
- 2012/09/21(Fri) -
RIMG0006-001.jpg
2012.9.14 RICOH PX

ラオスを共に旅した友人が北海道を旅するという計画を聞きつけ、途中合流させてもらった。
帯広の友人にも会いたかったし、なんといっても走ろうとしている場所は、僕が初めて自転車で旅したエリアでもあった。もうかれこれ計算すると18年も前のことになる。
変わらぬ友人に帯広駅で見送られ、釧路の駅で今度は自転車の友人が変わらぬ笑顔で僕を待っていてくれた。
こうして僕を支えてくれる友人の存在は何よりもありがたい。いつも何か恩返しをしなくちゃと思うのだけどできずにいる自分はまるで変わっていない。

さておき、釧路駅から北上し弟子屈方面へと僕らは向かった。走り始める前に18年前にここを共に走り始めた同志2人にメールをする。平日昼間で業務中にも関わらず2人揃って即レスしてくれた。彼らにとっても北海道での日々は特別だったに違いない。僕は彼らに誘われここに来て、今もまだ同じようなことをしながら生活している。
彼らには家族があり、僕のようにほっつき歩ける状態ではないから、せめてまだ自由に動ける僕が彼らの代理となって旅してみたかった。
そんな思い出の地でもある場所を走り始めたのだけれど、いくら走ってみても18年前と重なる景色は一つも現れなかった。
特に釧路の街中から郊外へと向かう道は、日本各地でみられる国道沿いの大型の店舗が軒を連ねていてまるで様子は変わっていた。あの時はこんな景観ではなかったに違いない。
それだけ月日は経ったということなのだろう。

しばらくして現れた看板に弟子屈と網走という文字があり、距離感だけは記憶していた。
それ以外は単に記憶から消え去っただけなのか、それとも周囲の景色は一変してしまったのだろうか。
しばらくすると釧路湿原に入り込む。それでも明確で鮮明な記憶が蘇ることはなかった。
あれだけセンセーショナルな体験だったのに、道の記憶がまるでないというのは少しショックだった。

変わっていないのは風だけだった。あの時と同じように南から強く吹いていた。
僕はこの日も昔も、追い風に乗ってぐいぐいと快調に飛ばしていたのだった。
あの時は二人など構わず調子にのって自分勝手に進んでいたな、という記憶だけはある。
そして自転車に乗っている自分も変わらずここにいる。

スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング 日本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
期待に胸躍るトンネル
- 2011/11/28(Mon) -
RIMG0065.jpg
2011.11.7 RICOH PX

キャンプ地とさせてもらった八丁の湯から登り、時に自転車を押し続けた約2時間の後、このトンネルに着き苦しみから開放された事を知る。
ただのトンネルとはいえこの峠越えの象徴だっただけに何とも嬉しい。
くねくね線を表す林道が記された地図と周囲の地形をここまでの登りの最中に何度も見比べた。期待を込めてこのへんまで来ていたかというわずかな希望は、いつも下方修正を強いられた。
何はともあれ1日+この日の2時間と続いた鬼怒川温泉駅からの登りがこれで終わったのだ。下りという天国がトンネルの向こうに光の点となって見えている。

過去の経験から、出口で光が見えているからといって安易にトンネルの中へ入ると痛い目に遭うということが分かっていただけに、ここはヘッドライトで足元を照らしながら入った。
光の点は見えていても、トンネル中央へと進むと視界は真っ暗闇となるから不思議だ。
このトンネルも、一般車の通行が認められていない林道上にあるだけに、山奥に人知れずひっそりと存在しているに過ぎない。
トンネル中央部に栃木県と群馬県の県境を示す標識もきちんと用意されていた。
真っ暗闇はどんな状況でも心細く怖い。それでも見えている小さな出口の光の先には何かがある、何か自分の未来が大きく変わるのではないか、そんな期待感に胸踊るそんなトンネルだった。
実際は県が変わっただけなのだけど。
この記事のURL | サイクリング 日本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小さな夢だけど
- 2011/11/24(Thu) -
RIMG0049-1.jpg
2011.11.7 RICOH PX

奥鬼怒ではすでに紅葉は散り、冬が訪れていた。
出発地点となった鬼怒川温泉駅周辺はまだ見ごろでもあったけど、奥へ奥へと入るに連れ季節が数日先に進んでいる様子が流れていく。
一日中登り詰めて早くなった日没とほぼ同時にここ八丁の湯へとたどり着いた。
途中からはこの宿が運行する送迎バス以外は入ってこれない砂利道となった。バスの運ちゃんは物珍しそうに、また歩いている僕らを心配そうに見て一度下り、またお客さんを乗せて追い越して行く。
登りの傾斜とその連続が厳しく、予想以上に時間がかかり、始めからキャンプ予定で着いたのだけど、許可されていないここでのキャンプも、僕らの身なりと疲労感をみてか、快く駐車場の片隅でテントを張ることを許してもらえた。

人知れずだったこの秘湯も今や大盛況。100名近くの宿泊客がいたけれど、一斉に食事を取る時間だったらしく湯船を独占。露天風呂の湯ざわりと清潔感が抜群によく、一日の疲れもどこかに吹き飛ぶ。
日帰りだと物足りない。ツーリングはやはりどこかでキャンプでもして、そこであわよくば汗が流せて、さらにあわよくば温泉があって、山を越えると別の路線につながっていて街を経ずして電車で帰ることのできる、そんな場所があると最高に楽しい。
10年来走りたかったこの林道へ。ようやく小さな夢が一つ叶った。

この記事のURL | サイクリング 日本 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ガス抜きのつもりだったけれども
- 2011/04/09(Sat) -
P3210298.jpg
2011.03.21 μ1030

震災後の連休、カヤック仲間と自転車を漕ぎに八丈島と三宅島へと向かった。
それぞれ被災地にこの後出向くことが決まったため、その前に少しはガス抜きしておかなくてはということで予定をキャンセルすることなく、こうして旅に出かけたのだった。

最終日、空路東京へと戻りそのまま被災地入りと思っていたのだけど、三宅島では思いもしなかったガス警報が発せられた。レベル2とのこと。空港とは反対側の民宿にいたところ、ガスの濃度が強くて飛行機は欠航ということになった。仕方なく時間のかかるフェリーに切り替えた。
島民は全員ガスマスクを携帯することが義務付けられている、と案内には書かれていたのだけど、誰もそんなもの身につけていなかったし、強要されることもなかった。わずかにガス臭いと思う場所も通ったけど、大涌谷くらいなもので、それほど気にする程でもないなと思っていただけに、欠航とは大げさな、と疑わざるをえなかった。

フェリー出航の時間となり、三宅島の東岸の港へと向かう。すぐ間近には空港もある。
民宿のおばちゃんに車で送ってもらったのだけど、突然車内に臭気が漂ってきた。
「お~、これこれ。山の方見てみ。紫がかってるだろ、あれが火山ガスだ」と男勝りの口調でそう語るおばちゃんが教えてくれた。
見ると雲とも霧とも言えぬ、色味ががかったモクモクが集落へと降りてきているようだった。
くさくてなおかつ恐ろしい。

出発前の朝、民宿のおばちゃんは震災のニュースを見ながら涙を流していた。つい数年前の被災のつらさを思い出し、共感していたようだ。僕にはここから帰れば家があり、食べることに困らず、欲しいものが手に入る生活を今でも続けているからどうあがいても彼女や被災者の気持ちのレベルに心を合わせることができない。それがつらかった。

20年周期で活動を続ける三宅島。5年避難生活をして、生活再建のために5年の月日が経った。
そしておそらくまた10年後に火山活動が活発化すると言われている。
先祖を守りここで暮らす人たちの逞しさにはとても敵わないなと思った。
この記事のURL | サイクリング 日本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
与那国馬、白銀のドヤ顔
- 2011/02/18(Fri) -
DSC02317.jpg
2011.02.12 NEX-5

自転車にカヤックと無機質な乗り物ばかり乗っていて、ふと動物にも乗りたくなった。
以前大島で知り合ったブルーへイズ農場の平山さんに、三原山での乗馬を勧められ、旅の最終日にホースライディングツアーに出る予定だった。

しかしあいにくの雪に見舞われて、三原山裏砂漠でのホースライディングツアーは中止となったけど、彼ら、彼女らの住む農場に招待され、ちょっとだけ触れあうことができた。
小柄で短足、不格好なロバのようなものを想像していたのだけど、与那国産の馬達はとても毛並みがきれいで、顔つきも穏やか、心がすっと和む。そして見ていて飽きない。
飼われている馬だけど、どこか野性味があって、僕の好みでもあった。

おそらくこんな降り積もった雪など、南の島からやってきた彼らは目にしたことがないだろう。
それでも飼い主が声をかけると、雪上でも喜び勇んで駆け寄ってきた。
間近に顔を寄せてきて「どや?写真とるならえさをくれ」とでも言いたげな顔をパチリと収めた。



この記事のURL | サイクリング 日本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。