スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ザ・シーカヤック
- 2013/06/12(Wed) -
RIMG0048-001.jpg
2013.6.8 RicohPX
飛島ー男鹿半島
月明かりのない海夜は濃い暗闇に包まれていた。
ヘッドライトの灯りは周囲2m程度だけを照らすために、風波のゆらぎに体のバランスを合わせづらく、常に緊張状態が続いた。露出光を集め焦点を絞り続けていたためか目も疲れてくる。
闇に包まれた頃に波風があがり、波頭を越えるたびに軽くカヤックが跳ねる程度の高さ波が続いた。この傾向が強まるのか永遠と続くのか。
予報ではそれほど風が強まることはないはずだった。1時間とて同じ海況になることはなく、ナギになりまた波が高くなりを繰り返していた。

0時を周りてもなお12時間以上残している。
海は1.5km/hのスピードで僕らの進む向きに反して流れていた。そのため時速は5kmを切ることもあった。
やがてまた睡魔が襲ってくる。
海水を頻繁に顔にかけても一瞬の清涼感だけですぐにまた意識が遠のいていこうとする。それでもパドルを回し何とか堪えるのだけど、次第に夢だか幻覚だかがちらついてくるのだった。
ありもしないマンションが視界の端にあり、ライトセーバーのような赤色の灯りが海上を点在していたりする。

付かず離れずの距離には兄貴がいて、うっすらと灯をともしていた。コンパスでもなければ一瞬で方向感覚など失う。飛島が遠く見えなくなってからは何も標的がない。うねりの向きが頼りだけど、それすらコロコロと向きを変える。
そんな折にふと兄貴の方を見るとあられもない方向にバウを向け力なく船を進めていた。「兄貴~、そっちは女子もいないし朝鮮半島です!」どうやら睡魔と戦っていたらしい。
ついには二つのカヤックを寄せ安定させて1分でも2分でも眠ろうと試みた。だが眠れたのかどうかも分からなくないまま再び漕ぎ始めた。
遅くなればなるほど男鹿半島に取り付くことができなくなる。

3時過ぎ。早くも夜が明け始める。
闇夜から光が広がっていく様はオーストラリアの砂漠のようだった。明けていくとともに不安感から解き放れていく。
そして眠気のピークは過ぎたのか夜が明けきって以降、悪魔が再び姿を見せることはなかった。

残り15km地点まで近づいてもまだ3時間漕ぎ続けなければならない過酷な現実と向き合い闘い、いつかはたどり着くゴールだけを目指してただただ腕を回し続ける。

念願の男鹿半島は目の前にあるというのにGPSは残り5kmを示している。
まだ気は抜けない。12時を過ぎ、兄貴の予報予測通りに風と波が上がってきた。
最後の一踏ん張り。当初は男鹿半島の岬を回ってゴールを予定していたが、この状況下ではここまでとしてやめて正解だった。80kmを超えてからからはもうあと何キロだろうと漕げるような気がした。

にかほの海岸を出てから約30時間後、何はともあれたどり着いた。
とはいえ判断のほぼすべては兄貴任せであり、シーカヤックの醍醐味の大きな要素である天気や海況の読みとその判断をせずして僕はただ漕いでいれば良かったのだ。
それでも到達できるか分からぬ地を目ざして旅すること、僕にとってはこれぞザ・シーカヤックなのだった。

到着してすぐに東北カヤック軍団のFさんが家族と共に迎えにきてくれた。
ビールの差し入れを頂きようやく達成の実感がこみ上げてくる。
はるか先の見えぬ海の向こうを眺めつ僕らは乾杯した。

対馬海峡へ向けて最高のトレーニングとなったが、それよりも何よりも兄貴と共にこの海を渡り切ったことは一生忘れることはない2日間となった。
スポンサーサイト
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
悪魔の睡魔
- 2013/06/11(Tue) -
RIMG0010-001.jpg
2013.6.7 にかほ象潟-飛島

平日早朝、遊び道具を携え仕事へと向かった満員電車の降車時、慌ててカヤック道具満載の重量級バックパックを片手で持ち上げたためか、「ピキッ」と嫌な音が手首から聞こえてきたような気がした。
近頃毎日仕事終わりが遅い日が続き疲れも溜まっていた。
もしこの横断中、海上で力尽きるか嫌気がさす、もしくは泣きたくなり先に進めないとなったら、手首痛と疲労、この二つの言い訳を盾に引き返そう、とこっそり考えていた。
そんな不甲斐ない僕とは反対に、夜遅く山形駅まで迎えにきてくれた兄貴は明らかに疲れ目で現れたのだけど疲れたそぶりなど皆目見せてはいなかった。
その東北の兄貴の3年越しの夢に付き合わせてもらった。間に震災の影響を直に受け、ある年は天候に恵まれず、数年待った後にようやくこの日を迎えたというのに気負う姿など表に見せぬいつもと変わらぬ兄貴であった。この人について行き過去最長の長距離無上陸海峡横断を目指す。

直前で予定変更が入り、1日目の飛島着後は仮眠して夕方18時出艇、翌日男鹿半島に14時着を目指すと宣告されていた。
その宣告メールを見た途端、キリマンジャロの悪夢が蘇った。
あの悪魔の睡魔。眠さが極限に達すると、もう何も出来なくなり寒かろうと何だろうと眠ってしまいたい。大げさに言うのならば死んでもいいから今ここで眠りたい、という状態に陥ったあの時のことを思い出す。
前日は夜中2時に寝て翌朝7時発、13時島に到着し4時間仮眠後の18時再出艇、寝ずに翌14時までという戸塚ヨットスクールばりの行程からして、どこかで睡魔に襲われるのは間違いなかった。

海岸から出艇した2時間後には早くもウトウトして何度か眠り落ちていた。その度にカヤックからも振り落とされそうになる。イルカが数匹目の前で背ビレを使って手を振るような歓迎のそぶりをみせてくれてもウトウト。こんなコンディションで早くも「降参」の二文字チラチラと頭をよぎった。
この横断を達成せずして対馬は渡れじと思っていただけに簡単には諦められないはずなのだけど、レム睡魔が定期的に襲い、島に上陸して一刻も早く眠りに就きたかった。まだこの先24時間近く漕がなければならないのだ。
つい先日まで「どこに漕ぎに行くのか」と問われ飛島を「飛鳥島」などと東北無知をさらけ出していた恥知らずな僕に対し、兄貴なりのお仕置きなのかもしれないと思った。

目が冴えてきてからは、手首に必要以上の負荷がかからないように、事前の練習から引きずっている肩甲骨の痛みが悪化しないようにと願いながら恐る恐るパドルを海に刺していた。悪魔がおいでおいで仕掛けてくるため、休憩時に少しでも眠ろうと思うのだが、漕ぐ手を止めている間は不思議と悪魔は姿を消し、代わりにこれまた悪魔のような兄貴がそばにきて下ネタをかましにくるのだった。

睡魔以外に苦しめられることなく、飛島渡りは難なく終了。
次に備えて素早く昼飯食べて、港の一角を借りてすぐさま横になった。
気づけばすでに17時半。実のところもう少し寝て出航を遅らせれば、寝る時間をもう少し確保できるかと思ったが、兄貴の18時出艇の意思は変わらず。翌日の昼から風が強まる予報だったため、予定を前倒しにしなければ男鹿半島にはたどりつけないのだ。

寝ぼけながら再び出艇の準備。少しは回復したようだけれど、今から20時間近く眠れないのだと思うと、3時間ぽっちの睡眠ではとても満たされなどしてしない。
だがここからが本番だと、無理やりにでも気持ちを入れ替える。
夕陽が沈む様を海上から眺め、徐々に辺りは暗闇に包まれた。上も下も横も360度の闇に興奮したものの、しばらくすると悪魔は容赦無くトドメを刺しに襲いかかってくるのだった。
つづく
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本番に向けて その2
- 2013/06/01(Sat) -
RIMG0009-001.jpg
2013.6.1 RicohPX

2度目の長距離ソロ。
沿岸を離れ葉山から一気に対岸の伊豆半島へ向かうため、やや緊張感あり。
距離は韓国-対馬とほぼ同じ距離で55km前後。
この葉山から熱海まで一気に横切るこのルートも、かなり前からやろうとしていたけど実行に移せずにいた。
これが達成できれば、次は100kmが待っている。

海に出てしばらくの船も行き来していたが、江の島を横目に通り過ぎた辺りから俄然その姿は減っていった。
当然カヤッカーなどすれ違いもしない。こんな沖合を好き好んで漕ぐ人などそんなにはいないだろう。
景色は数時間ほとんど変わらず、目を楽しませてくれるのはこのミズナキドリぐらいだった。
富士山をついつい正面に見ていたら、ルート望んでいたルートよりかなり北側を進んでしまっていた。

沖合に出ればでるほど自分がどの方角に向かっているのか、見失っているような錯覚に陥ることがある。うねりの角度がいつのまにか変わっていたりすると、混乱したりもする。
GPSさえ動いていれば、遭難することもないのだろうけど、一瞬はてなが頭をよぎると急速に不安が増す。

真鶴半島までで約40kmだった。もっとルート取りをしっかり行ってさえすれば、距離もかかる時間ももっと短くてすんだ。直線的にくれば初島も近かったはず。熱海入りも30分くらい早められたはず。
最終的な距離は55kmだった。約9時間。時速は6kmに及ばなかった。

しかし長距離を乗りこなす感覚だけは少し身に着いた。あとは体の一部分だけに負担が押し寄せないようなパドリングを心がけるのみだ。

夕方4時過ぎに熱海のサンビーチに入港し終了。乗り捨てのレンタカーを借りて家まで戻った。
これも一度やりたかったことの一つ。分割できるカヤックだから、片道だけカヤックで、搬送はレンタカーでというやつだ。
相模湾縦断gooearth
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本番に向けての3ステップトレーニング その1
- 2013/05/30(Thu) -
RIMG0031-001.jpg
2013.5.28 RicohPX

「100km漕ぎにいぐかぁ~?、んだば50km漕ぎをソロで2回やっといで」とここでは書けないような下ネタをふんだんに織り交ぜながら、真面目な課題が東北の稔侍アニキ(小林稔侍に似ているので勝手にそう呼んでいる)から指令が出ていた。
宮古島から送り返したカヤックがまだ届いてなかったり、天気が休みの日に悪かったりとぐずぐずしている間に月日は経ち、会社を休んで今日ようやくトライできたのだった。

朝6時半に家の前の浜を出航。すでに陽は明けお日様の位置は高い。
風は終始南からの予報。うねりはそれほどまで上がってはこない。50Kmを無上陸で漕ぎ切るというのが今回の目標であり、きょうこの日のコンディションで8時間あまりを費やせる場所といえば、三浦半島の南端を目指すしかなかった。
いつものと言ってもここしばらく自分の家の周りを漕いではいない。ましてやこんな朝早くに海にでることもない。多少どこまで行けるのだろうという不安に駆られながらも海へ漕ぎだした。
海は穏やかで優しかった。
僕のくだらない目標などどうでもいいではないかと思えてくる。
ただこの景色に触れてみて楽しんでればいいのではないかと。
そんな気分に揺さぶられながらも漕ぎ進む。なかなか距離は消費していかない。
城ヶ島まで約12kmを2時間弱。向かい風の中では悪くないペースだった。
さらに三浦半島の南岸、風とうねりが真横から僕にぶち当たる海域を進んだ。高く船ごと持ち上げられることもあるけど、さほどリスクは感じない。だけれどいつもと違い一人で漕いでいることを考えるといつ何時何がおきてもおかしくはなく、軽い緊張感はいつになっても抜けきらない。
三浦半島の先端ともいえる観音崎を通過。ここでちょうど20kmだった。

25kmで折り返す計画で、三浦海岸を遠目に眺めることのできる場所でちょうど25kmぐらいだった。
当然上陸せぬまま、見えない折り返しポイントのコーンを回り、葉山へと戻る。

肩がやや痛みだす。先日の宮古島ではどこも痛くなどならなかったのだがこの日は違った。
船の推進力が得られず、当然スピードはとろとろ。こうなるとパドルは重く、時間が過ぎるのも極端に遅くなる。
おそらく100kmを目指すということは、こういった苦痛ともいうべき感情とどう向き合うかなのだろうと思う。

後半は追い風を期待していたがまるでスピードがでなかった。
原因はあとでゴールしてみて分かったことだけど、船首(バウ)側のハッチ(荷室)が水浸しでだったのだ。
相当な量の海水が入り混んでいた。

結局48kmで自宅前の浜に戻り1回目の課題トレーニングを終了したのだった。
本番ではこの倍。さらにその先の目標は韓国ー対馬で、これは今日と同程度の距離となる。
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金のかかる奴だ
- 2013/05/10(Fri) -

2013.4.25 Iphone5

宮古島をカヤック一周。そのために今回は自分の船を宅配業者に預けて送るつもりだった。
いざ韓国戦に向け、遠出の経験をさせたかったということもあるが、この2年、GWではある程度コンパクトに折りたたむことのできる船を使っていたが、今回は借りることができなかった。

送るにあたりいろんな業者に連絡をとってみた。なんせ分割できるカヤックとはいえ、大きいし3個口となるだけにお金かかりそうだった。

ヤマト①:そこらを走っていたドライバーさんを家に呼びつけ可能かどうかを聞いたところ、ギリギリサイズアウトのため預かることはできない。
ヤマト②:直接近くの営業所に持ち込んだところ、「1万円前後で行けますよ」と言われ、翌日持ち込み正確なんだかわからないが大きさを計測してもらったら、請求額17,000になってしまった。
サガワ:ドライバーさんに見積もりにきてもらったところ、「うちは高いんですよ、空輸ですし。社に持ち帰り見積もりします」と言って帰ったきり何の音沙汰もなくなった。
セイノ:「直接大きい営業所に持ち込んでください。おそらくサイズからして15,000くらいで行けると思いますよ」
アカハット:「空輸で50,000前後はします」まるでお話にならない。
ペリカン:「そのサイズでは取扱いできません」

どことも折り合いがつかず、結局は有明のフェリーターミナルにある琉球海運に持ち込むことにした。
11,900円と額面的には一番安かった。丁寧に運んでくれたのだろう。カヤックをくるんでいたプチプチすらほぼ無傷で無事受け取ることができたのだった。
折りたたみのできるカヤックだと、宮古島まで約5,000前後。現地で自分の船に乗りたいと思ったら、折りたたみの倍以上の支払いを覚悟しなくてはならないのだ。
すでにこの船は事故で数万円の修理が必要だったし、今回も往復でかなりの費やしている。
なにかとお金のかかるやつなのだ。

しかしようやく、3分割の船を車以外で運び送った先で受け取るというスタイルでの旅ができたのだった。
もっと気楽に預けて遅れて受け取れてができると、この3分割も活躍できるのにと思う。
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。