スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
毎日ナシゴレン
- 2010/11/29(Mon) -
PC180144_20110116095210.jpg
2009.12.18 μ1030

インドネシアでは昼夜の食事で屋台を利用していた。
旅の初めの頃は、ものは試しにといろいろなメニューをオーダーして数々の失敗を繰り返していた。
鳥の煮込みスープを頼んだら、いかにも肉を食べ終えた後煮込みましたといわんばかりのかじりついた歯型の後が残った鳥ガラスープが出てきたことがあり、しばらく理解に苦しんだ。
普段お尻を洗い流すのに使う柄杓と同じもので、バケツから水をすくい、コップに入れて「はいどうぞ」と親切心たっぷりの笑顔でテーブルに出された時にも理解に苦しんだ。
ナシゴレンに添えるキュウリを切るのに、サビだらけのカッターで刻んでいて、さらに理解に苦しんだ。
それでも日本人からすればまだライスベースの食事が救いとも言えるが、西洋人からすればこの国の食事はとても耐えがたいものではなかろうか。

屋台も様々で、どこでも同じ味が味わえるというわけにもいかないが、平均してまずまずのものが出てくるのがこのナシゴレンだった。日本でもなじみとなったナシゴレンだけど、いわゆるチャーハンである。それに揚げせんべいみたいなのがくっついてくる。
旅の後半は毎日これを食べてえをしのいでいたけど、次第に食欲もなくなっていった。

とはいえ食べずには生きられない、走れない。
インドネシアでの空気の匂いはどこでもドブの香りが漂い、無理やり口に放り込んでいる食事が続いた。いつしかお腹が空いたという欲求がなくなっていた。

スマトラを経てシンガポールへたどり着いたとたんに、久しぶりにお腹が「ぎゅるー」っと悲鳴を上げた。
それまでのインドネシアの匂いから都会的なものに変わったからだろう。
シンガポールで待ち受けていた友人は、僕を中華料理屋へ連れて行ってくれた。
たまらなくおいしい。
脱ナシゴレン。

数週間後に迫った次のマレーシアのガイドブック見ていて愕然とした。マレーシアの食事というページを見ると「ナシゴレン」がトップを飾っていた。
なんてこったである。
まだまだナシゴレン文化を抜けだせないサイクリングが始まる。
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング インドネシア① | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バイク小僧
- 2010/11/25(Thu) -
P6150212-1.jpg
2010.6.15 μ1030

「ミスター!、ヘイミスター!」
自転車で走っているとよくこう声をかけられる。この日もせっせとペダルを踏んで進んでいるところで後ろから声をかけられた。
いつもなら家や店先、小学校などで、その多くは子供たちであることがほとんど。ここは家など見当たらないのなぁと思ったら、子供たちがバイクに乗って後ろから追いかけてきている。
「おいおい無免許に未成年、それもガキじゃないか。生意気にもノーヘルなんぞで2ケツして」とつぶやくが、彼らはいたってにこやかに、かつ執拗に「ミスター!ヘイミスター!」攻撃を仕掛けてくる。

自転車で追いかけてくる子供たちはさすがにこちらもスピードを上げて逃げおせるし、彼らも諦めざるを得ないのだが、バイクではどこまでも追いかけられてしまう。僕も相手にするから彼らがまた喜んでついてくるのだが、こちらもおもしろいからついついかまってしまう。とはいえ道路上はトラックが行き交っているためちんたら走るバイクは非常に危ない。
構わず何キロもついてくるから怒って先へ行けと腕を振って、ようやく彼らはそれでもにこやかに通り越して行った。どうなってんだ、この国の道路交通法は!

自由奔放でいいなと思う反面、果たしてこれが彼らにいいことなのかどうか考えてしまう。
この記事のURL | サイクリング インドネシア② | CM(0) | TB(0) | ▲ top
14年目のお祝い返し
- 2010/11/24(Wed) -
DSC00683.jpg
2010.11.21 NEX-5

14年前、オーストラリアを旅していた時に出会った友人の結婚式に出席。

新郎の彼とは合コンで出会った彼の奥さんよりも僕とは劇的な出会いで、なんといってもオーストラリアの荒野、多くの二輪車仲間達が一つのゴールとして目指すエアーズロックでのこと。彼はバイクでオーストラリア大陸を3か月に亘って旅している途中だった。
旅の最終ゴール地点としていた僕は、エアーズロックに近いキャンプ場で彼を初めとした何人かの日本人たちと出会った。
バイクに乗せてもらい一緒にエアーズロックの夕焼けを見に行き、その後バーべキューパーティーをして僕のゴールを祝ってくれて、それは今でも鮮やかに記憶に残っている。

そのわずか一日の出会いにも関わらず、帰国後、そして何年経っても飲み会やキャンプに誘ってくれた彼は、夜逃げ同然の引っ越しの手伝いや、インド人仲間とのカレーパーティー、キャンプ、飲み会と僕を誘い出してくれた。

そして14年後、友人だけの披露宴でとても和やかな雰囲気の中、僕は突然お祝いのスピーチを求めらた。14年前に祝ってくれたことのお返しに気のきいたことを言いたかったんだけど、しどろもどろで全くまともに感謝の気持ちを伝えることができなかった。申し訳ない。

いつまでもお幸せに。大事な結婚式で限られた友人の一人として呼んでくれたことにとても感謝しています。

この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
避けて逃げるがいつかは越えたい
- 2010/11/23(Tue) -
P1030007.jpg
2009.1.3 μ1030

西伊豆、夏には穏やかだった海も、冬は低気圧がもたらす高いうねりがいつも海岸や岸に打ち寄せている。
高い波が幾度も押し寄せてきてはその都度、怒涛のパワーで岩場にぶつかりしぶきをあげ、一瞬にして目にしていた岩など水面下に飲みこんでしまう。
うっかり突っ込んでしまいもみくちゃにされ沈でもし、寒さ厳しい海水の中で凍えるような目に遭わないよう、そんな危ない場所は遠く避けて通るのが当たり前だと思っていた。

がしかし、まぁこれである。

タイミングを間違えば飲みこんだ波が引いたのちにカヤックごと岩場の上に取り残され、その時に接地面が少なければシーソーのようにして傾き、一瞬にして滑り台のように海水へドボンとカヤックごと落ちることになる。たいがいはあわあわとバランスとれずにもがくため沈することになる。

しかし我らがファミリーの家長はそんな暴力的な波にあえて立ち向かい、波のパワーと高さを利用して、岩場のはるか上を飛ぶように突っ切っていった。
恐るべしである。

恐ろしいのは、後に続かないといけないような場の空気が出来上がることである。乗り越えてきた仲間達はみなドヤ顔で満足げ、いい顔をして帰ってくる。
決してお前も行ってこいなどと煽ったりはしないが、「ここで楽しまずしていつ楽しむんだ?」というような気配を漂わせている。
突入の時に波が小さければ岩場を超えられずむき出しになった岩に激突するだけだし、突入のタイミングが遅れれば、引き波に押し戻されそのまま落差ある落ち込みに吸い落され、それはもう無残な結末となる。
波に乗っている間は宙に浮いたような状態となり、バランスを保てなければ前後左右から不規則に打ちつけてくる波にあおられ船は傾くし、僕はとても怖くてそんな場所に立ち向かうことはできない。

普段ファミリーの安全を常に案じ、慎重かつ適切に僕らを率いる家長も、波の前では心踊るらしく、こうして岩場越えに興じてしまう。人生ともども進んで大波荒波を避けて通ってきた僕は、毎回「いやいや今日はコンタクトしていないし・・・」とか「みんなと違って寒さ対策してないし・・・」、「十分普通に漕いでいるだけで今日は楽しいから」などといい訳を繰り返して逃げるようにしている。

そういつも逃げ回っていられず、家の近所の小さい波が立つ岩場でこっそり練習を積もうと向かうのだけど、やはりいくら小さくても波が岩にぶつかりどっかんとしぶきを上げるのを目の前にすると、「今日は調子が悪いかな」と一人いい訳をしてこそこそと退散してしまうのだった。

いつかは越えたいと願うが、チャレンジなくしてそれは叶わない、ということだ。
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天然水垂れ流しの宿
- 2010/11/19(Fri) -
P6260542.jpg
2010.6.26 μ1030

スマトラ島中央にハラウ渓谷という、あまり知られていない美しい集落があった。
泊まる宿がありそうな次の街までの距離が200km越えていたため、とても走りきれる気力もなく、この日は寄り道してでもどこか適度な距離を走ったところに宿はないかと不安に思いながら走っていたところ、偶然見つけ出した場所だった。
街というよりは集落である。渓谷美に優れているためにマニアックな観光客が訪れるらしく、いくつかの小規模な宿があった。

集落の入場ゲートでは何人かの若者達がたむろし、その中の一人が僕に声をかけてきた。
「いい宿あるからついてきな」
うーむ。またしても風貌からしてあやしげ。一方的な誘いにはどうしても警戒してしまう。
けれど逃げる口実も逃げ道も一本道のためになく、彼を信じてバイクの後ろを着いていくことにした。
両脇の高い山に囲まれた渓谷の深みへへと進んでいく。見上げれば滝のしぶきが頭上高く降り注いでくる。

滝の真下に誘いをかけてきた彼、イクバルはバイクを止めて「ここだ」と言う。
右手には優に100mの高さはあろうかという滝、左手には漁師小屋のような小さなコテージ。
「50000ルピア(500円)でいいよ」という。

中は質素な作りだったが、部屋からはライステラスを遠くまで見渡すことができる最高の眺め、ロケーション。
さらにいつも宿では悩まされ続けた水回り、トイレにシャワーは、滝から直接水が引かれているため常に垂れ流し状態で清潔極まりない。お湯など出ないが、偶然インドネシアで最高の宿に泊まることができた。
ただし照明すら、はたまた電気などなく、灯りはランプの宿。

夜、イクバルは奥さんを連れ、食事を携え僕のコテージへと顔出しに来た。
子供達を家に置いて夫婦ですぐ隣にある自分達の立てたコテージに泊まるのだという。
こうして2軒しかまだ建てられていない彼のコテージは僕と彼らとで満室となった。
彼は近くの大きめのホテル(とはいえ小規模だが)から独立し、自分も宿泊したいと思える宿を作ったのだった。

この静かなコテージで、物静かなオーナー達とポツリポツリと会話を交わしながら夜は更けていった。
今にして思えば一泊だけしかできなかったのが残念でならない。
この記事のURL | サイクリング インドネシア② | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。