スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゴールでビールだ
- 2012/03/03(Sat) -
DSC05281_20120303014142.jpg
2012.1.7

ベトナム最初の街、ディエンビエンフー。この名前もやっと覚えた。慣れない国の町名はなかなか覚えられない。
僕らはこの写真の山を越えてラオスからやってきた。
一つの区間を無事走り終えた充実感がある。
国境を無事越え、新しい国での日々が始まるワクワク感がある。
この先目的地までたどり着けるかどうか、わずかな緊張感がある。
とにかくこの区間の旅の相棒、みさらったを、ラオスルアンプラバーンから共に走り、期日までに連れてくることができて安心した。
いつも一人で感じる達成感もいいけど、2人でやったね!と喜びあえる達成感もまたいい。

この町には戦争のモニュメントがいたるところにあった。ベトナム戦争のさらに前、フランスから攻め込まれた時にここを拠点にベトナム軍は守りぬき、追い散らしたとかで、勝利の記念碑なのだろう。
そこそこ大きい街だったけど、タイ、ラオスと比べあきらかに西洋人の数が減った。というか1人2人しか見なかった。
その2人もどこか落ち着かないような、そんなそぶりでつかつかと歩き去って行った。
気を抜けないな、とふと思う。どこか心に楽させない、緩ませない緊張感を漂わせる何かがこの国にはある。
嫌いではない。

僕らは街を見渡す高台の公園に上がり、夕陽を見ながらビールで乾杯をした。
この時ばかりは心も緩む。ゴール、ビール、夕陽の3点セットで、何ともたまらなく満たされた気持ちになった。
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング ラオス-ベトナム | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。