スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本番に向けての3ステップトレーニング その1
- 2013/05/30(Thu) -
RIMG0031-001.jpg
2013.5.28 RicohPX

「100km漕ぎにいぐかぁ~?、んだば50km漕ぎをソロで2回やっといで」とここでは書けないような下ネタをふんだんに織り交ぜながら、真面目な課題が東北の稔侍アニキ(小林稔侍に似ているので勝手にそう呼んでいる)から指令が出ていた。
宮古島から送り返したカヤックがまだ届いてなかったり、天気が休みの日に悪かったりとぐずぐずしている間に月日は経ち、会社を休んで今日ようやくトライできたのだった。

朝6時半に家の前の浜を出航。すでに陽は明けお日様の位置は高い。
風は終始南からの予報。うねりはそれほどまで上がってはこない。50Kmを無上陸で漕ぎ切るというのが今回の目標であり、きょうこの日のコンディションで8時間あまりを費やせる場所といえば、三浦半島の南端を目指すしかなかった。
いつものと言ってもここしばらく自分の家の周りを漕いではいない。ましてやこんな朝早くに海にでることもない。多少どこまで行けるのだろうという不安に駆られながらも海へ漕ぎだした。
海は穏やかで優しかった。
僕のくだらない目標などどうでもいいではないかと思えてくる。
ただこの景色に触れてみて楽しんでればいいのではないかと。
そんな気分に揺さぶられながらも漕ぎ進む。なかなか距離は消費していかない。
城ヶ島まで約12kmを2時間弱。向かい風の中では悪くないペースだった。
さらに三浦半島の南岸、風とうねりが真横から僕にぶち当たる海域を進んだ。高く船ごと持ち上げられることもあるけど、さほどリスクは感じない。だけれどいつもと違い一人で漕いでいることを考えるといつ何時何がおきてもおかしくはなく、軽い緊張感はいつになっても抜けきらない。
三浦半島の先端ともいえる観音崎を通過。ここでちょうど20kmだった。

25kmで折り返す計画で、三浦海岸を遠目に眺めることのできる場所でちょうど25kmぐらいだった。
当然上陸せぬまま、見えない折り返しポイントのコーンを回り、葉山へと戻る。

肩がやや痛みだす。先日の宮古島ではどこも痛くなどならなかったのだがこの日は違った。
船の推進力が得られず、当然スピードはとろとろ。こうなるとパドルは重く、時間が過ぎるのも極端に遅くなる。
おそらく100kmを目指すということは、こういった苦痛ともいうべき感情とどう向き合うかなのだろうと思う。

後半は追い風を期待していたがまるでスピードがでなかった。
原因はあとでゴールしてみて分かったことだけど、船首(バウ)側のハッチ(荷室)が水浸しでだったのだ。
相当な量の海水が入り混んでいた。

結局48kmで自宅前の浜に戻り1回目の課題トレーニングを終了したのだった。
本番ではこの倍。さらにその先の目標は韓国ー対馬で、これは今日と同程度の距離となる。
スポンサーサイト
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
金のかかる奴だ
- 2013/05/10(Fri) -

2013.4.25 Iphone5

宮古島をカヤック一周。そのために今回は自分の船を宅配業者に預けて送るつもりだった。
いざ韓国戦に向け、遠出の経験をさせたかったということもあるが、この2年、GWではある程度コンパクトに折りたたむことのできる船を使っていたが、今回は借りることができなかった。

送るにあたりいろんな業者に連絡をとってみた。なんせ分割できるカヤックとはいえ、大きいし3個口となるだけにお金かかりそうだった。

ヤマト①:そこらを走っていたドライバーさんを家に呼びつけ可能かどうかを聞いたところ、ギリギリサイズアウトのため預かることはできない。
ヤマト②:直接近くの営業所に持ち込んだところ、「1万円前後で行けますよ」と言われ、翌日持ち込み正確なんだかわからないが大きさを計測してもらったら、請求額17,000になってしまった。
サガワ:ドライバーさんに見積もりにきてもらったところ、「うちは高いんですよ、空輸ですし。社に持ち帰り見積もりします」と言って帰ったきり何の音沙汰もなくなった。
セイノ:「直接大きい営業所に持ち込んでください。おそらくサイズからして15,000くらいで行けると思いますよ」
アカハット:「空輸で50,000前後はします」まるでお話にならない。
ペリカン:「そのサイズでは取扱いできません」

どことも折り合いがつかず、結局は有明のフェリーターミナルにある琉球海運に持ち込むことにした。
11,900円と額面的には一番安かった。丁寧に運んでくれたのだろう。カヤックをくるんでいたプチプチすらほぼ無傷で無事受け取ることができたのだった。
折りたたみのできるカヤックだと、宮古島まで約5,000前後。現地で自分の船に乗りたいと思ったら、折りたたみの倍以上の支払いを覚悟しなくてはならないのだ。
すでにこの船は事故で数万円の修理が必要だったし、今回も往復でかなりの費やしている。
なにかとお金のかかるやつなのだ。

しかしようやく、3分割の船を車以外で運び送った先で受け取るというスタイルでの旅ができたのだった。
もっと気楽に預けて遅れて受け取れてができると、この3分割も活躍できるのにと思う。
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。