スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
まさかのホームステイ
- 2013/08/30(Fri) -
RIMG0334.jpg
2013.8.29 RicohPX

夜中一時的な集中豪雨に見舞われ、目の前の波はブレークしている。
台風も近付いているということで、自主的に出航を諦めた。予報でもあまりいい状況ではなかった。

諦めてキャンプ地をうろうろしていると、小沢一郎似たおっちゃんに捕まり、小屋の中に連れて行かれた。
何もないと思っていたキャンプ地のすぐ裏にはこんな小屋があったのだと思いなが中に入ると、一郎おじさんは説明てくれた。ここでアワビを育てているのだというようなことを。しじみらしきものも見せてくれた。
お互い共通言語がないからまるで何言ってるんだかわからないのだけど、なんとなく彼についていく車に乗ってついていくと彼の家で、これまた何言っているんだかわからない元気なおばあちゃんがいて、朝食を一緒にごちそうになったのだった。
その後すぐ近くの海洋警察署に連れて行かれると、昨日食事を届けにきてくれた優しい彼がいて、簡単な英語で通訳してくれたのだった。
「台風だし3日間働かないか?」と一郎おじさんは僕に言っているのだった。
田舎に行こう、かなんだかそんな番組がこの国にもあるのだろうか?
なんなら一年働いてくれてもいい。とはいうけれど、明日は明日の風が吹き、僕は先に進まないといけない。
「一日だけなら」と答えてしまった。
このオランという町には宿など一軒もなかった。風が強くてテントではおちおち寝てもいられない。
一日だけなら部屋を提供してくれる代わりに働くなんてのもの面白くていいかな、と軽い気持ちで承諾したのだった。

だけれど、ボランティアのつもりで楽しめたのも2時間弱。
漁のための網補修だけならまだしも、何種類もある重たい網の移動と販売に宅配まで手伝わされたのだった。
一個一個がカヤックよりも重い。一郎おじさんは英語が話せないし、英語で話されることを嫌うため、指示は指か無言の目の合図で威圧的に見えた。そんな姿がまさに政治家っぽいのだけど、本当はとても気の優しいおっちゃんなのだ。彼に付き添うこと3時間。街中の家に漁の網を運んでは積み下ろし、さらには海苔漁のための準備を手伝わされた。
8時から18時まできっちり働いて、汗だくになり寝る場所を提供してくれた。
夕飯は一郎ファミリーと一郎抜きでとり、彼の息子(2代目チャラン)同じく住み込みで働いている男の子(カンフーと勝手に命名)過ごす。
韓国の3世代が暮らす家庭の中でホームステイまがいのことになるとは思いもよらなかった。
明日また風がどう動くか分からない。
そしてここに留まるのか、働かざるをえないのか、先へ進めるのか分からない。
まさに明日は明日の風が吹くだった。

DSC07004.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
VS.海洋警察
- 2013/08/30(Fri) -
RIMG0312_201308302218122b0.jpg
2013.8.28 RicohPX
DAY13 Usuyeong - Eoran 35km

この写真のおとっつぁんは海洋警察ではありません。昼食を食え食えと言ってごちそうしてくれた人のいい漁師さんか船乗りさんです。

バトルは朝から始まっていた。
起きてホテルから街を見下ろしているのだけど、霧に包まれていた。目の前にあったSido Bridgeもまるで見えない。出航の準備だけして30分、昨日の上陸地点は人の家の庭だったのだけど、そこで霧が晴れるのを待ち続け、視界が少し晴れたところで海に出た。
すぐに海洋警察の巡視艇が待ち受けていた。近づくとどでかいサイレンを鳴らしこちらを呼びつけている。
けたたましい音に近づかないわけにもいかず、仕方なしに湾内に待機していた巡視艇へ船を寄せた。
「まだ霧が晴れないので先には進まないで下さい」と制服を着た、いかにも公務員風のせわしない海洋警察の人のよさげな人がそす僕に告げた。
待ち時間も分からず、船の上とカヤックの上とでは話するのも億劫で、レスキューロープでカヤックを固定して、巡視艇のデッキの上によじ登らせてもらった。
携帯でしきりにどこかに電話をかけている。待てばまつほど、潮の流れの条件が悪くなる。しかし彼らが見せてくれた干満表の時刻は、僕がこれまで見てきた潮汐表の時刻を大きく異なっていた。水位差も明らかにことなり、700cmだったのが最大300cmまでに下がっている。エリアはもう日本海側なのだ。
デッキの上で待つこと1時間。かなりの時間の浪費だった。

時速14kmの流れに乗って狭い海峡を進み始めたところまでは良かったが、あっという間に速度は落ちた。時速2km台まで落ちたところでちょうど小さい港があり上陸。3時間ほど待つことにした。
さっきからすぐ後ろにつけてきていた巡視艇(この日のスタート時とは異なる)も沖で待たせていることになる。
だけれども僕はこの写真のおっちゃんに招かれてワイワイおいしい昼食を頂き、危うく勧められるがまま酒まで頂きそうになったがこらえ、おひるねをしてすごしたのだった。

15時に再出発。巡視艇がサイレンをすぐさま鳴らし、船の上に5人ほどの人が出てきた。これまでこんなに大人数だったことはない。彼らが122へ電話しろという。電話している間にどんどん流されて後方へ向かっていく。腹立ちをおさえながら電話をすると、今日はもう時間が遅いからやめろという。んあバカな。暗くなればどこにでも上がるぞボケというのをこらえ、なんとか主張を押し通し南へと向かう。巡視艇から人が出てきて、俺らがエスコートするからついてこいと言い出した。向かう先は僕が万が一遅くなった時に備えて沿岸に進みたいのに、それとは別方向へと向かおうとする。半ば無視して次第に離れると旗を振っている。ならこっちへお前らが来い、と常にいらついていた。
安全を管理するからといってどれだけこちらを危ない目にあわせれば気が済むんだ?とむしゃくしゃした気持ちで進むこと1時間。周囲はブイだらけになった。小さなブイが続いていたが遠くに目立つ赤いブイが無数に浮かび、なにやら立ち入りしてはいけないような雰囲気だった。巡視艇はこのブイを遠巻きにしている。確かに彼らの船ではこれら漁師の人たちが仕掛けたブイが立ち並ぶエリアには船では進めない。
ようやくそう理解したころに、巡視艇が一気にこちらに向かって来て、また何やら忠告したいようだった。
カヤックをまるごととりあげて目的地へ連れていくとでも言われるのではないかと不安に思った。
デッキには7人もいる。まるで遭難したかのような扱われ方で恥ずかしくなるが、海はベタ凪である。
疲れてないか、どこまでいくんだ、あとについてこい、など言うがどれも的外れで困ってしまう。
一番近くの上陸地を予定していると彼らに伝えるが首を横に振る。「オランまで案内するから」と言って、その場所を指差すが、このブイがたくさんあるところは突っ切ってまっすぐに行っていいからという。

結局19時半になってようやく上陸を果たせた。かなり暗く危ない時間帯でもあった。上陸間際まで巡視艇はブイに阻まれて沖合の遠くにいて、こちらが上陸しそうだと気づいて慌てて近づいてきたのだった。
まるで息が合わないし、ますます対立感が高まっていく。

上陸後、真っ暗になっているにも関わらず砂浜にはPOLICEがやってきた。おっちゃんは気に入らないらしく、なんだかぶつくさ言っている。のちに若い警官がきて、好意的で、わざわざ再度キャンプ場所まできて食事と飲み物を運んでくれたのだった。
たき火で用意はしていたのだけどありがたく頂いた。

満点の星空。砂浜でのキャンプは静かな夜になった。

RIMG0321.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
悪魔の岬
- 2013/08/30(Fri) -
RIMG0299.jpg
2013.8.27 RicohPX
DAY12 Dangsa-ri Usuyeong 35km

お金がほぼ底を尽きていた。日本円にして1500円弱。この先まだ10日以上この国で過ごすのに韓国のウォンがない。沿岸部は都市部から離れていてATMを見かけることもないし、まmしては銀行もない。カヤックだとこういう時不便だ。
MOKPOという最南端にほぼ近い地図上ではもっとも町らしい場所の近くの島(対岸20km)にいて、ここに寄るか、素通りすべきかで悩んだ。寄るためには一日を費やすことになるし、船の往来も多そうだった。
毎日海洋警察に電話をしているのだけど、この日はたまたま大阪で日本語を学びました、という人が対応してくれた。彼曰く、「この先MOKPOを逃すとATMがあるとは思いませんね。寄ってくれたらいろいろ案内してあげますよ」
先に行くことに決めた。どうにかなるだろう。
韓国ではほぼどんな場所でもカードが使えるという(沿岸部の田舎のさらに末端では使えない)
島に渡ってしまうと通貨ですら流通しているのかわからない。(よくものをもらうから買い物する必要がない)

結局は寄り道が面倒だったのだ。
目標地へと一気に向かう。
風もほとんどなく穏やかで、初めは追い潮に乗っていた。やはり途中から上がってくる潮に向かって進むことになり、速度が急激に落ちた。

あの岬を回れば今日のゴールSido Bridgeが見えるというところで、漕いでも漕いでも岬が近づかないのだった。目の錯覚なのか横に水平移動(流されている)か、流れに追い返されているのか。GPSでは時速3km。わずかだけど進んでいはいるはずだった。
1時間たっても姿形大きさが変わらない悪魔の岬だった。
大きな橋が見えてゴール地点を決める時が来た。橋の手前には町があるはずだった。
引き返すのは億劫なため、入り江の奥へ恐る恐る進む。大きい客船が停泊しているような場所だったけど、町というより村、集落に近い場所だった。
一日一便の客船用ターミナルがあり、引き出し可能なATMがあった。お金の心配はとりあえずこれでなくなった。
小さな集落は嫌いではないのだ。
うろうろしてご飯食べて物珍しがられてといった具合で居心地悪くはない。
だが、ご飯を食べていると突然黄色いポロシャツを着たやつらがガラガラと戸を開け「この辺で日本人みませんでしたか?」と食堂の人たちに大声で聞いたのだった。恥ずかしくてうつむいて無視したかったけど、手を挙げてしまった。
上陸してから電話はしたけど、海上警察はだれもいなかった。それが数時間も経ってしかもご飯中に大声で聞いて回っているとは思いもよらなかった。
聞かれることはもう分かっている。名前、年齢、職業、目的地、明日の出航時間、泊まっている場所。
お店の人たちもびっくりしているじゃないか。
地域によって対応が違うが、このエリアにきて過保護かつ厄介になりつつあった。
というのも夜10時、また別の警察がホテルの部屋まで押し掛けてきたのだ。
海上ではどんな写真を撮っているのだとか、目的はなんなのだ?とか、あとは毎回聞かれることは一緒である。
明らかに上の連中から行って来いと言われて来ている彼らがかわいそうだった。
横柄でもないし、対応も丁寧で悪い気はしないのだけど、毎度のことすぎて面倒くさくなってきた。

疲れもたまっていてテントは止めてホテルでゆっくり過ごしたかった。
泊まった宿は見るからにラブホで、受付も小窓でラブホ風。受付のおばちゃんもラブホ風。駐車場もラブホ風、だけど部屋は普通の作りで海が見渡せて気持ちいいところだった。
おばちゃんが、5000ウォンを会計後財布から強引に引き抜き、最上階の一番いい部屋に僕を押し込んでくれたようだった。
ありがたき親切。

そして総合距離もやっと400kmを越えた。

DSC07000.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
漕いで漕いで着いた先
- 2013/08/29(Thu) -
RIMG0265.jpg
2013.8.26 RicohPX
DAY11 Duu-ri - Dangsa-ri 48km

突き出た半島の先端から一気に島へ渡り。
大中小、様々な大きさの島が点在していて、本土と島と島の隙間では瀬戸内海のような強い潮の流れが複雑化していると予想していた。
そしてこの挑戦半島南西の端の海域は今回のカヤックの見せ場の一つとしていた。これだけ地形が複雑ならきっと三陸かどこか、または地形の派手な日本のどこかに匹敵するかそれ以上のもの海をツーリングできるに違いないと計画した時から期待していたのだった。まさにその海域へとカヤックで踏み込む時が来たのだった。

まずは流速12km/hの洗礼から始まった。この東から西へと向かう流れを横切り、南へと水路の中に入りたかった。流れに無理には逆らわず、徐々に横ずれしながら流れからアウトした。
時速12kmのまま流れて勢いで進みたかったが、そうもいかず、結局は時間が経つにつれ速度は今日も落ちていった。12時以降は気持ちもパドルも重たいカヤックとなった。

結論からいえばこの日は当初予定していた島にたどり着けなかった。
GPSが指し示す方へどうしても近づけない。
なぜなら写真のような杭が海上いたるところに立っていて、とうせんぼしているのだ。回り込もうにも杭、上陸しようにも杭、でまっすぐ前に先へと進むことしかできなかった。まだ明るくて海況も穏やかだったからよかった。
そんな中一度耐えかねて、杭がない浜に上陸を試みようと浅いところまでカヤックで向かい、降りて足をつけたら太ももまで泥の中に足が埋もれたのだった。あまりの深さに足が抜けなくなる恐怖に身がすくんだ。
なんとか足を一歩一歩引っこ抜いて進んで、干潟から土が乾いていそうな場所まで3m動いた。
だが進んでもそこは泥沼だった。
中にいろんな生き物がいるらしく抜けだしたら足は傷だらけ血だらけになり無駄足だった。

そして期待していたような景観はどこにもなかった。干潟が多いのか海の色は茶色に染まり、断崖絶壁などもなく、平たい島がいくつも点在しているだけだった。その平たくて特徴のない島が無数に点在していて地図上での自分の位置を完全に見失っていた。迷宮入りだ。とはいえ距離こそあるけどまっすぐに進めば人里ある島につくことは分かっていた。頼みのGPSマップの地形はあてにならない。
結局泥と杭に阻まれた期待の地で燃え上がるような気持ちにさせられることもなく淡々と先に進むしかなかった。まずは自分の位置が把握できる場所まで進むことが先決だった。

目的地だった島の先へと回りこみ、遠くにその上陸ポイントが見えるところに出た。
戻るか、一日の移動距離が50kmを越すことになるが、先へと向かうか。
残り8km。時速5km~6kmで推移する中、結局は南へとさらに向かった。
やっとのことでたどり着いた上陸地。ここはとても小さな見どころなど何もないような島だった。

上陸に際して駆けつけてきたおっちゃんは、家まで僕を連れて行き、冷たい水を用意してくれた。さらにはおかずにと大量の海苔、そしてスイカ。半分もらっても食べきれるわけない。
ストーブが使えないため火をおこして食事の用意をしていると、地元の漁師のおっちゃんが話かけてきて、座って何やら話をし出すと、僕の残りわずかな焼酎に目が向いていた。グラスを差し出すとサシで飲み会が始まる。日本語対韓国語のまるで通じているのか通じていないのか分からないコミュニケーションだけど、まあ楽しい。
海から来る人間はよっぽど困っている人間に見えるらしい。

ここに限らずどこででも皆僕の食事の心配をしてくれる。間違いなく夕食を用意してくれる申し出を受けることしばしば。
まさか韓国でこんなにたくさんの無償の親切を受けることになるなど思いもよらなかった。

RIMG0274.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
泥かぶりウェーブ
- 2013/08/27(Tue) -
RIMG0224.jpg
2013.8.25 RicohPX
DAY10 Gyeokupo-ri - Duu-ri 48km

満潮は朝6時。
僕が進む方向へと、潮が勢いよく引き始める時間が始まる。その海の利に与る時間を出来るだけ長く頂きたい。
遅くとも7時には出発したかったが、海上警察が宿までおしかけて来て8時まで待ての指示があった。
遅くなれば逆向きの強烈な潮の流れに逆らわなければならない。
海況が悪いからというのだが、目の前の海はまさに今でしょ、状態だった。
結局宿からカヤックと荷物の運搬や準備をしていたら8時になってしまった。

波打ち際にカヤックを置く。徐々に潮が引いていくなかで荷物を詰め込む。その間にまた数m潮が引く。
荷物を積んで重くなってしまったカヤックを1人で運ぶことは至難の業。いつものように警察が来ていたから手を借りた。だが、彼らは基本皮靴のため、ずっと寄り添うようにカヤックを見ていた子連れのおっちゃんに数メートルカヤックを押し出すのを手伝ってもらった。

二日間出発を我慢した。天気予報は雷雨と出ていたためだ。一日目は確かに雷が鳴り響いていたが、停滞二日目は一度も雷が鳴らなかった。残りのkm数とを計算すると、もうあまり予備の日数を残していない。あまりここでストップしていては目標地までの到着が危ぶまれる。
でも雷には勝てない。無理に出発すれば事故にもつながる。

思惑どうりに潮は進行方向に強く流れていた。大きく入り込んだ湾を一気に横断する。もう何度も10km20km以上の湾を突っ切り、いくつもの島を渡ってきた。あたり周辺陸地が見えなくなることにも慣れた。

風も北風で追い風。目には見えないが潮流は進む方向へと流れているはず。
時速9km前後で進んでいる。早いペースだった。
まあいつも午前中は調子いいのだ。疲れをまだ知らない時間というのもあるだろう。
午後をまわりある時突然海水の色が変わった。綺麗に線を引いたように混ざり合わない二色のラインがあった。
おもしろいな~とそのラインを横切るとこげ茶色の海となった。川の水でも流れ出ているのだろうと思いそのまま直進すると、あっけなくサーフゾーンに捕まっていた。小さくブレイクする波が次から次に押し寄せてくる。真横からブレイクする波水を避け、というより泥水を避るために舵を切ってすすんだのがいけなかった。
あっというまにパドルが泥を漕いでいる。こげていてみえないけれで膝下くらいまでの水位。慌てて水位あるほうへと逃げるように舵を再度きって進路を変えるが、いつまでたっても膝下水位はかわらなかった。
何度も魚がパドルに激突してくる。ものすごい数の魚たちがこの下でうごめいているに違いない。
僕は波を受けるごとに泥をかぶった。
こんなに濁った海など今まで漕いだことがない。すんでのところで歩かずに済んだ。時速3km~4kmとかなりロースピードとの戦いだった。
目的地ではキャンプは無料、水は使い放題とかなりラッキーな場所だった。
壊れたMSRが使えないため迷っていたら鍋用ガスコンロをタダで貸してくれた。

散々海で苦しめられ、陸にあがればもう見たくないと思うかと思えばいや合点、お酒は海を見ながらと決まっている。今日も素敵な場所でキャンプして酒が飲めたのだった。

RIMG0237.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。