スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
忍び寄るトラック
- 2010/09/03(Fri) -
P6110096.jpg
2010.6.11 μ1030

インドネシアのサイクリングに関してそれがどんなものなのか。端的に表現するにはこの写真が説明しやすい。
①後ろから迫りくるトラック
②あちこちで故障して立ち往生する大型車(前方バス)
③道路標識(左上緑看板)
④どこからともなく出現する人

トラッカー達はみな心優しかった。スピードが出ないトラックが多いためか脅威を感じることも少ない。
JAFなどという行き届いたサービスなどないこの国では、バスや大型車をドライバー自らの手で手を汚し直している。
標識はサイクリストにとっては癒しでもあり、良き被写体となる。
男たちはどこへ向かうのか、どこからともなく人が出てきては消えていく。

インドネシアサイクリングでのありふれた日常の一コマ。


関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング インドネシア② | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<夏を涼む | メイン | ダイヤモンド富士>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/10-eeba7223
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。