スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
支援物資と眠る
- 2011/04/09(Sat) -
P3250323.jpg
2011.3.25 μ1030

宮城登米市の廃校となった場所にこうして日本全国から支援物資が届いた。
何人かはテントを張って、何人かはこうして荷物の隙間に寝袋を広げて寝ていた。
ボランティアスタッフとしてここに集まる人達は、普段から山やキャンプをしてきている人達ばかりだったから、まるで苦にはならないのだろう。夜はいびきの大合唱が体育館の中にこだましていた。

疲れているからか、それも気にせず眠りに就くのだけど、毎日のようにそれを打ち崩す余震で目は覚まされる。
床から振動が体全体へとじかに伝わってくる。
これがものすごく体に響く。
されには天上からなのか、どこかでものががしゃがしゃ鳴る音が聞こえてくる。

あぁ、避難所で生活をする人達はこんな状況化で何日も夜を過ごしているのかと思うと痛ましさを感じた。
とはいえ僕らには水も電気もガスもあった。
何日かすれば帰るべき家もある。
善意で手助けに来たといえば聞こえはいいが、僕は自分の気持ちを整理するために来たのではないかと自問自答していた。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<海に学ぶ | メイン | ガス抜きのつもりだったけれども>>
コメント
--
Y氏!今度、リアルな被災地の様子を教えてくれ!私は被災地に行く事はできないが、経済活動を通して、間接的ではあるが、貢献できればと思っている。
2011/04/15 15:19  | URL | K #-[ 編集] |  ▲ top

--
こころ苦しいの一言。
募金箱を見つけては、小額のお金を
せっせと入れる程度のことで・・・。
2011/04/24 08:45  | URL | ほっしゃん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/102-862e7059
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。