スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海に学ぶ
- 2011/04/18(Mon) -
P4160006.jpg
2011.4.16 μ1030

年が明けて一度も海に出ていなかった。寒いのが苦手なのと、そろそろと思っていたところ震災があったため、とても海など穏やかに見ていられる心構えができていなかったからだ。
海を知らぬが故に恐れすぎていた。そう気付かされる。

志摩の御座岬をカヤックで巡る。日本でもトップクラスのガイドのツアーというかプライベートというか何とも曖昧中間的なものだったが、案内をしてくれた。確かにこの日の天候であればうねりも高く、海に出ることは容易ではなかったのだが、ガイドが状況判断をし安全を確保してくれていた。
同じツアーというかプライベートというかの参加者に、GW明けカナダバンクーバー島へと一人でカヤック旅に出るという鉄道会社の運転手の人が来ていた。
とても海を相手に遊ぶ気にもならずにうじうじしていた僕からすれば、この二人は男らしく強さを感じた。
難所を前にバンクバー島に向けての講習が海上で行われている。

放射能だの津波だのといつまでも恐れていては何もできない。こんな世の中で遊び耽っていていいのかと後ろ指差されてることに恐れていても何もできない。好きなこと、やりたいことをできるときにしておかなければ、あっと言う間に月日は流れていく。現にもう4月も半ばを過ぎている。
僕のような海に対するセンチメンタルかつ過剰な畏怖はなく、変わらず海を知ろうと、そして伝えようとする2人の男の後ろ姿があった。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<瓦礫の山を見て想う | メイン | 支援物資と眠る>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/103-d50418ee
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。