スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
料理は絶品、渋滞に降参
- 2011/06/15(Wed) -
DSC03272.jpg
2011.6.14 NEX-5
Day13: Ratchaburi - Bangkok 110km

勤めている会社のバンコク支社へ。
初めての場所で、住所だけを頼りに一つのビルを見つけるといことは、そう容易なことではなかった。バンコクの広さを甘く見ていた。

朝出発してから、徐々に進路を西へと向けるに従い追い風となった。運がいい。だが進むにつれて車が増えていく。ほとんどが大型車だ。
ラチャブリという街から50km進んだところで、世界一の巨大さを誇る仏塔があるということで、探しながら進むが中々見つからない。
大きいというのならランドマークとなり、そこを目指して行けばいいのだけど、なかなか姿を現さない。周囲の建物で見つけにくく、実物はさほど大きくもなく、がっかり感もあって、何だか疲れてしまった。ここからまだバンコクまで50kmを残している。
国道4号線上では車の吐き出す排気ガスがと砂埃にたまらず脇道へそれる。しかしそれたつもりが何時の間にかまた大通りへと出てしまう。
同じ4号線ではなかったのだけど、いくつも都心に向けて幹線路が張り巡らされている。まるで高速道路のような道だった。
左車線の端っこを走っていても左から車が立て続けに合流して来る。信号がないため交差点となると右左、そして前と神経尖らせて車の合間をすり抜けなければならなかった。時速80km対25km。相手を信じるしかない。
これまで散々旅の安全を祈ってきているし、ある程度の経験から轢かれないで済む走り方を知っている。だが、追い風に乗って走っていなければ、すり抜けも難しかっただろう。
残り10kmほどで渋滞が続く。自転車といえど先に進めない。歩道も人で埋め尽くされている。過去に例を見ないほどの過密具合にもうお手上げ状態。最後の10km進むのに2時間。バンコク郊外はこれまで走ったどの国の都市よりも走りづらかった。

無事にバンコク支社のスタッフと再会し、タイスキを食べに連れて行ってくれた。絶品。
これまで屋台料理ばかりで、しかもそれをまずまず美味しいなどとのたまっていたけど、驚いた。

いよいよ明日から後半戦が始まる。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング タイ① | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<いざバンコクを出る | メイン | 自転車お遍路>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/130-25ec5e9d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。