スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いざバンコクを出る
- 2011/06/15(Wed) -
P6150232.jpg
2011.6.15 μ1030
Day14: Bangkok - Ayutaya 80km

バンコク近郊の道路状況はどこもこんな感じ。
高架線上は有料道路。当然自転車は走れない。
高架線の真下二車線は有料にあらずとも、準高速道路にで一般車のみが通行可能な車線。
手前二車線が、路線バス、スクーター、手押し車が通行可能で僕もここの左端を走る。
ただ信号機がないため国道などが交わるジャンクションではその都度、バイクを交わしながら中央に寄り、次には左からの車が高速で合流して来るのをまた交わしながら左の路肩定位置へと戻ということを繰り返さなければならない。

朝、まずは会社に不要な荷物を置かせてもらいにバンコク支社へ出勤。
スタッフの人達に誘われスターバックスへ。出発は遅くなったが、それほど今日は走る必要がない。
風は西から。バンコクから40kmほどでようやく落ち着いて走ることのできる道になった。

夕刻前にアユタヤへ。
そこら中遺跡だらけ。当てもなく自転車で走り回る。広大なエリアに遺跡が広がり、その合間に人が暮らしている。
800年前、日本は鎌倉時代か。お隣りのかつてのビルマと呼ばれていた国は徹底的に破壊を繰り返し、そのわずかな残骸が遺跡として今に残されている。

夜、ネットの場所を探しにBARへ。30人程の西洋人達がイエローサブマリンを絶叫し、そのすぐ脇ではタイのおばちゃんが、夜中にも関わらず少ない現金収入を当てにお菓子や水を売り歩いている。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング タイ① | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<大仏街道を往く | メイン | 料理は絶品、渋滞に降参>>
コメント
--
後半に入りましたね。海から山への景色に変わっていくでしょう。
そして、お寺や遺跡等がよく見られると思います。
楽しみに記事を読んでいます。頑張ってください。
2011/06/16 10:11  | URL | Mew #-[ 編集] |  ▲ top

-カオサンの喧騒が懐かしい-
確かにバンコクの渋滞は気分が萎える。無計画に作られた街に人が沢山集まった感じ。でもカオサンやナナエンタープライズの夏祭りみたいな、あの喧騒が懐かしい。
2011/06/20 21:21  | URL | KEN #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/131-1592659b
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。