スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ペンさんパオさん
- 2011/06/17(Fri) -
DSC03346.jpg
2011.6.17 NEX-5
Day16: Sing biri - Nakhon Swan 101km

マラリア注意のナショナルパークで蚊に刺されていたため、急な風邪にマラリアを疑ったが、朝起きてみれば風邪は昨日よりかは幾分かましで安心した。
そんな状態の中、今日は出発するのが吉と出るか凶とでるか、悩むが一日宿に缶詰めになっていると余計に体調も悪くなりそうなため出発した。
走りながら汗をかくと次第に体調も回復。

100kmジャストが今日の目標地点。さすがに覚悟がいる。風は斜め後ろからの南西。
少し距離を稼いで朝食をと思ったけど、こういう時に限って店がない。そのままズルズル50km。
もういい加減食べておかないとまずいとおもい、一軒の屋外レストランに立ち寄った。

店の人と何度も聞き返しながらの拙い会話が始まる。
「どこまで自転車で行くの?」
「日本まで」と一応答える。本当はチャンマイまでだけど、またもどって来て再開する、などというタイ語の表現など持ち合わせていない。一年程前にもチェンマイに自転車で向かう途中にここに寄った自転車の日本人がいたということへの醜い対抗心もあった。
その彼が書いたビジターブックには、HIV孤児のために、プロジェクトを立ち上げに行く、とある。志からも負けている。
そのビジターブックにタイ語で自分の名前を書くと、写真のパオさんとペンさんは呼び間違えずに読んでくれた。
彼らは夫婦だと思っていたら友達だという事だった。
1時間近く話こんでいたら、お日様は高く上り、暑さは増していた。

日中の気温は30度を越え、雨も降らずの快晴。真っ平らの田園が長く続いていたが、次第に坂も増えて来た。汗かきこぎ切ったら風邪の症状も消えた。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング タイ① | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<特に何もない1日 | メイン | 大仏街道を往く>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/133-903392d2
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。