スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
特に何もない1日
- 2011/06/19(Sun) -
P6180256.jpg
2011.6.18 μ1030
Day17: Nakhon Swan - Kamphaeng Phet 123km

目的地に向けひたすら一直線。こんな一日があってもいい。
出だし時には、途中の街で運良く宿があれば、とも考えていたけどスルーして一気に距離を稼いだ。
朝8時に宿を出て、到着が3時半。食事以外どこにも寄らず漕ぎ続けること約7時間。
終わってしまえばどうってことないのだけど、結構しんどい距離感だった。

大きな幹線道路上にはガソリンスタンド併設の、美味しいコーヒーが飲めるAmazonという店がある。トールサイズの馬鹿でか容器にフラペチーノ風モカが約150円と安い。それがだいたい30kmおきにあって一日一回は立ち寄っている。
それ以外にはペットボトルのお水が1リットル20円を2回程度、オレンジジュースが50円、ペプシが30円とまあその程度の飲み代支出。
暑さでとんでもない量の汗をかくから、その分休憩時の冷たい飲み物がたまらなく美味しく感じる。
ただそんな誘惑に負けないよう気持ちをセーブしないと、休憩ばかりとなりだらけて前に進めなくなってしまう。
常に自分の気持ちとの戦い。
続ける気持ちを維持できるのは、着いてからのご馳走ビールだったり、人とのばったり出会いだったり、日々進んでいる事への実感だったりと様々。

そんな中、タイでは暗号のような看板文字を解読して気持ちを紛らわせている。お陰でローマ字読みには強くなったけど、まるで意味が分からない。
あとは食事の時のメニューも暗号解読が必要で、外すととんでもなく辛いものがでてきてしまう。
以前、その時解読出来たのがトムヤムクンだけで、仕方なしに頼んだら偉い目にあった。

そんな特に何もない一日だけど、疲れと充実感だけはある。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング タイ① | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<静かな世界遺産 | メイン | ペンさんパオさん>>
コメント
-浸み込む旅情-
更新を楽しみに拝見させていただいております。

長期滞在だからこそ感じられる「特に何もない1日」。
しかしそんな瞬間こそ、知らず知らずのうちに「旅情」が旅人に浸み込んでいく瞬間(とき)なんではないでしょうか、、。
おでんの大根に味がぐっと染み込むように、、。
(たとえがちょっと変ですね、、笑)

雨季を迎えムシムシした工程が続いていると思います。
1日の終わりのビールを楽しみに頑張ってくださいね!
タイローカル3人気ビール「ビアシン」「ビアチャン」「ビアリオ」では、どのビールが気に入りましたか?!

2011/06/19 13:23  | URL | Hiro #-[ 編集] |  ▲ top

-Hiroさんへ-
ビアリーオがお気に入りです。
とは言え暑さと渇きの中ではどれも同じ味に思えてしまいます。帰国したらリオ飲めるとこご存知でしたら連れて行って下さい!
2011/06/22 08:56  | URL | やっしー #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/134-b1a90bfd
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。