スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
通過後のアイラブユー
- 2011/06/29(Wed) -
DSC03729.jpg
2011.6.28 NEX-5
Day27 :Nong khai - Vientien 30km

毎度の国境陸路越え不安が今回もつきまとっていた。橋の直下の宿からも自転車は通れないと言われていた。
まずはイミグレーションに到着。バスで橋を渡る人達の列に自転車のまま並ぶ。問題なく通過。
バイク自転車通行禁止の看板が出た。見ないようにして通過。
よし、タイサイドから出てしまえばと逃げるように走り出したところで、料金所のゲートがあった。当然自転車などの料金区分表示などあるわけもない。目を合わせないように近づき、遮断機を抜ける直前で先を指差して通過。料金所の怖い顔したお姉さまは飽きれたように、どうぞと合図してくれた。
記念撮影を国境線、橋の上で行いたかったけど、いつ呼び戻されるか不安なのと、道幅が極端に狭いのとでためらわれた 。
橋も半分を過ぎる。
ラオスはどうなんだ?とジワジワイミグレーションに近づくと、トラック、車と並行して自転車とバイクの入国レーンがあった。ということで問題なく通過。なんじゃそりゃ。
通行禁止にしておいてなんでレーンがある?日本ならクレームかけられるところだ。

右側通行に変わったラオス。街まで舗装はされているが、砂埃のたつ道が続いた。国内未舗装の道が多いからだろう。
道端でラーメン食べて終わり休んでいると、昼から一緒に飲んでいかないかと店のおばちゃまに誘われた。最初はうちの娘恋人にどうだなんだと言っていたが、帰る前に写真を撮ろうとするとおばちゃまに抱きつかれてのツーショット。
立ち去る前に大声でアイラブユーと叫ぶおばちゃま。
何なんだ、この国は?
色濃い予感に何だかワクワクするけど、それはまた半年後になる。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング タイ① | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<現代のラオスに王様は背を向ける | メイン | 最後の商店>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/04 14:07  | | #[ 編集] |  ▲ top

--
先ほど頂いたコメントは管理人のみ見られるように投稿されてますので、同じ方法でコメント欄に記述頂ければ、こちらから返信します。のちすぐブログ上は削除します。
この方法でいかがでしょう?
2011/07/04 15:03  | URL | やっしー:Hiroさん #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/05 16:45  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/145-bd8f12cd
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。