スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
焼き鳥親父
- 2011/07/23(Sat) -
P6270421.jpg
2011.6.27 μ1030

タイ東北部、無人地帯を抜け、次第に民家も増えだし、あとはもうノーンカーイまで安全に走りきれると安心し始めたころだった。
もう少し行けば食堂でもあるだろうと思い漕ぎ続けていたが中々お店がない。朝飯をスキップし、昼も食べれず、いい加減エネルギーが尽きかけてきたころ、ちょうどいい具合にこの親父さんが道端で焼き鳥を焼いていた。
東北地方ではカイ(鳥)・ヤーン(焼く)というらしく、ここではその名称通りの焼き鳥は名物らしい。
まぁ味は日本の焼き鳥とそう大差はない。やせ細ったインドネシアの焼き鳥と比べると、見た目からして肉付きもよく脂が乗っていそうだった。口にするとパリパリ、そしてジューシーでこってりとおいしい。焼きすぎず、生でもなくちょうどいい焼き加減だった。

どでかい洗濯バサミのような竹ばしで挟まれ、一匹まるまる売っている。頼んで半分だけにしてもらったが、100円もしなかったように記憶している。
ふとこうして一日鳥を焼き続ける生き方を想う。
きっと昨日も、そして明日もこうして通りすがり、または乗連客を獲得し、一日朝から晩まで焼き鳥を売っているはず。
何軒も立ち並んでいるのを見ると、競争相手や新興屋台など数々の苦労があったに違いない。それでも客を獲得し、店を存続させてこうして毎日焼き鳥を焼く毎日。
如何にしてここで商売を始めたのか、これまでの苦労、何を想い焼き続けているのか?
会話が成り立たなかったため、勝手に僕は想像してみた。
自分も含め、やれ仕事がつまらんだの、誰それが気に入らないだの、給料少ないなど雇われの身でぶつぶつ文句言いながら働く人と比べてなんと気高いことかと思わずにいられない。
いかさま、ずる賢く稼ごうと思えば、現金収入をもっと得られるだろうけど、親父さんは毎日こうして真面目に鳥を焼いている。

どうしてもそんな親父さんを記憶に留めたくて写真を撮らせてもらった。そんなことを思った旅中の記憶。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング タイ① | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<没頭する人に学ぶ | メイン | マイペンラーイ>>
コメント
-与えられるものへの感謝-
楽しく拝見させていただいております。

走り続けて体内のエネルギーが尽きようとしているときのガイヤーン、、。
さぞかし美味だったでしょうね、、。
読んでいてヨダレが出てきました(笑)

食したものが自身の血や肉に直結する感覚は、
日本で通常の生活をしているとなかなか味わえません。
食べる喜び、、。
そして「食物」やそれを提供してくれる「人」や「自然」への感謝の気持ちは
そんなときに実感するんでしたね、、。

やっしーさんの旅の様子を拝見して、
そんなプリミティブな「食の根本」を思い出しました。
2011/07/24 10:34  | URL | Hiro #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/153-d2aa5985
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。