スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
なんじゃこりゃ
- 2011/08/10(Wed) -
DSC03116.jpg
2011.6.8 NEX-5

バンコクから南へ500km。いつもの「Toulist Atraction」の看板に誘われ立ち寄った寺院、Wat Kaew Praset。入口近辺、見かけは他の寺院と変わらず。いつものようにふらふら見て回り、高台へ向かい上へ上へと上がった先にはこんな見世物が無数に展示されていた。
地獄寺というらしきことを後で聞いて知った。

何のためなのか、何の見せしめなのか分からないこれら奇怪な蝋人形の展示。土に埋められかけている人もいれば、体をのこぎりで切り落とされている人もいる。
この写真の囚人らしき男たちはねずみに大事なところを食い散らかされていて、とても見るからに痛そうだった。足の指がパーの形に開き、その痛さがリアルに表現されているところがまたエグイしグロイ。
公共手段などない僻地だったために、周囲に誰もいないなか、ひっそりとした林の中に飾られているこの無数の人形達に囲まれていることに気づき、うっすら背筋がひやりとし始めた。

変なものはタイでたくさん目にしてきたが、これ以上不思議なものはなかった。


関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング タイ① | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<舞う翁はまるで、、 | メイン | 滝見好きな人達>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/158-f52422f7
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。