スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
楽しき地獄の特訓
- 2011/09/19(Mon) -
P9150026-1.jpg
2011.9.15 μ1030

カヤックつながりで知り合った人達に誘われ、近海の初島へ。
てっきりカヤックで海を渡るのかと思いきや、今回は定期船での初島訪問となった。
主な目的はシュノーケリング。

この日は条件が良かったのか、水面下かなり遠くの距離まで見渡せる。嬉しくて何度も潜っては空気を吸いに水面上に戻り、また潜ってを繰り返す。
一緒にいった仲間はみなデジカメを持ち、深くまで潜っていろんな魚を撮影していた。
僕も真似して頼りない防水カメラを海に浸し、彼らを真似て魚をハンティング(撮影)し始めた。
なかなか忙しい。水中に潜って一度の耳抜きでは事足りず、2回目、そして3回目あたりでようやく水圧に耳がなじむ。そこでカメラをさっと構え、電源を入れて撮りたい構図を決めて、魚を追いかける。もうこの時点で息も絶え絶え。必死の息止め状態で苦しみながら水上へ顔を出しに戻る。
これ、地獄の特訓の様な行為だけど、なぜか楽しい。苦しい、楽しいの繰り返しは短スパンとはいえ、坂道を登り降りするサイクリングに通じるものがあるからか。

たいしたカメラでもないからチビな魚などたいいた写真にならず、一緒に潜っていた仲間を写すことに切り替えた。
しかしこんな近くにこれだけ綺麗な海があったことも知らずにいたとは。
この時期にしてはクラゲに刺されず、夏も最後の遊びに一日なか興じて大満足な初島訪問になった。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<記憶の連鎖反応 | メイン | こんな写真が僕は好き>>
コメント
--
水が冷たそうに見える。10月になったら御飯でも食べよう。
また連絡する。
2011/09/19 16:25  | URL | K #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/164-03d75977
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。