スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
記憶の連鎖反応
- 2011/09/23(Fri) -
IMG_0002.jpg
2002.12.16 CONTAX T3

最近知り合った人と偶然にも、同じ時期にNZに滞在していたという話になり、果たしてあれは何年前のことだったのか気になり久しぶりにアルバムを掘り返してみた。
2002年とある。恐ろしい、、、。
今でも同じ自転車に乗り続けてアジアを走っているけど、この相棒だけはあまり姿に変化が見られない。

ここはニュージーランドの本土最南端の地、スロープポイントと呼ばれている場所。
南島のクライストチャーチから国内線に乗り換え、南島最南端に一番近い空港へまずは向かう。この旅の最終目標地点はニュージーランド最北端だったのだけど、わざわざ空港から目標地とは逆方向の南へと向かい、一日かけてようやくたどり着いた。
日本の岬や本州、その他島々の先っぽにあるような、いかにもここ端っこですと主張する置きものがない、あまりにも何もなさすぎる寂しい場所だった。
遠回りせずそのまま北に向かっていれば、総合的な走行距離は大きく縮められたはずだし、その分有名な観光地を周ることもできたのだけど、向かわずにはいられない習性というものがある。どうにも角から角まで足を踏み入れておかないと気が済まないのだ。
そんなアホなことに囚われずに自由に旅すればと思うのだけど、この時は確実に目標立てたすべての工程を諦めずにやり遂げたかったのだ。

ここからニュージランド北島の最北端を目指した。
写真とともに記録した文章を読み直すと、いろいろな記憶が蘇ってきた。忘れてしまったことも忘れてしまったようなその時そこで目にした、感じたこともあるのだろうけど、消え去ってしまった記憶はもうしょうがない。一日24時間すべて何をして何を感じたのかなど記憶に留められる訳がないのだから。
それでもあれやこれやと一つのことを思い出すたびに、忘れていたことが連鎖して思い返されるから不思議だ。

今年12月のラオス-ベトナム間を走りに行くまで、しばらく9年も前のニュージランド縦断の記憶を思い出し書き連ねようと思う。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング NZ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<隣人は愛せません、という宿 | メイン | 楽しき地獄の特訓>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/165-94e3d414
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。