スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
隣人は愛せません、という宿
- 2011/10/02(Sun) -
664-09.jpg
2002.12.16 CONTAX T3

宿としてはニュージーランド南島の最も南に位置するというこの場所を目指して、前日テクテク迷いながら漕いできたのだけど、泊ることができなかった。周囲10kmに民家などない場所だっただけに、近くまできて「バックパーカーズ」と書かれた宿に飛び込んでチェックインしてから気づいたのだった。宿違いだったと。
ニュージランドを自転車で周る旅行者の多くがバイブルとして活用している「パドラーズパラダイス」という、とても売れ行き、採算度外視のマニアックな小冊子にも、「サイクリスト御用達の宿」として認定されていた。
ところが受付、案内をしてくれた男性は無愛想、どこがフレンドリーだ!と嘆いていたが、単に一軒隣の宿に焦って入りこんでしまったのだった。

翌朝泊りたかったこの宿を覗いてみた。入口に立つと「どうぞどうぞ」と笑顔で招き入れてくれた奥さんがいて、雰囲気からしてとても隣の宿とはけた違いにいい。
何も最果てのこの地まできて、宿を間違えなくても良かったのだけど、誰も訪れる人などいなそうな辺鄙な、そして無人区間のこの場所に、2軒仲良くバックパッカーズが並んでいるなどとは思いもよらなかったのだ。
しかし聞けば、「仲良く」というのは誤りで、この2軒犬猿の仲だった。
「こっちで予約していたお客が間違えたのを分かっていて知らせず自分のところに宿泊させた」というところまではまだ可愛い話だったが、次第に話はエスカレートしていき、
「隣の宿の親父に大切なペット(犬)を撃ち殺された」とどこまで本当か嘘か分からない話まで飛び出してきた。
どうやら相当憎みあっているらしい。

まあでも、はるか遠方から来た僕にはとても親切極まりなく、ちょっとしたお菓子やら飲み物をご馳走してくれたりしたので、そんな隣人への悪口を聞かされたことには目を瞑り、黙っていてあげよう。
そしてこのご夫婦、とても仲がよかった。二世帯住宅のような隣り合わせのすぐそこに共通の敵がいることもプラスに働いているのかもしれない。
今は和解しているといいのだけど。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング NZ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<いざ、江の島 | メイン | 記憶の連鎖反応>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/167-e2a89faf
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。