スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いざ、江の島
- 2011/10/02(Sun) -
PA020006.jpg
2011.10.2 μ1030

カヤックでしばらく海に出ぬうちに季節が変わっていた。
海辺に住むようになって夏が終わる切なさとというか、物悲しさというのを感じるようになった。言わばサザンがまさにぴったりの季節とも言えるけど、それも越えて今日はもう冬の気配すら感じる。
夏の間、毎日当たり前のように吹いていた南風は、9月のある日を境にその向きを変えた。東から吹くようになると葉山の海は静まり返る。

そして今日もべた凪の一日だった。目標は写真中央の江の島。自宅近くの海岸から直線で何キロあるか忘れてしまったが、2時間程度の距離だった。
海上はヨットの帆が至る所で立ち並び、大学生なのだろう、競技の練習をしていた。
30代か40代、それ以上か、何艇ものジェットボードが破壊的な音をかき鳴らしてぶんぶん過ぎ去っていく。
海辺の公園では、さざ波を聞き芝に寝転がるヨガの群れが公園を占拠していた。
釣り師は電車内の渋滞の様な狭苦しさで、岩場にひしめきしきりと竿をふるい、釣れないあてつけか、近くを通ると「もっと遠くへ離れろ」と僕らにどなり散らす。一瞬腹立つ瞬間だけど、すぐに忘れられる。
江の島へ上陸後もやはり人で溢れていた。
昼飯に注文した生シラスも丼ご飯の上で溢れていた。
震災から早半年。あれだけの恐怖を見せつけられたけれ恐れ慄いていたけれど、海にまた呼び戻されている。
「何が起きても変じゃない、そんな時代さ、覚悟はできてる」一昔前のミスチルの曲が海ではいつも頭の中をこだましている。


関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あの場所の今は | メイン | 隣人は愛せません、という宿>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/168-d167cefe
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。