スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
裏山散策、三浦アルプス縦走
- 2011/11/28(Mon) -
RIMG0110-1.jpg
2011.11.14 RICOH PX

知らなかったご近所の裏山は、こんな緑あふれる山だったとは。

同じく三浦半島に住むカヤック仲間と三浦半島の山を縦断しようではないかという話になり、一泊二日かけて三浦半島の山々を縦走することになった。
「なんとか山」とそれぞれ付けられているとはいえ、標高300m程度。縦走とは言え、一度山に入れば山道だけかと言えばそうでもなく、住宅街を歩かなければならなかったりもした。
まぁでもなんとなく歩く目標としての、三浦アルプス縦走としたほうがすがすがしい。

三浦富士、というそれとなくご本家に似た山頂の形を持つ山を皮切りにいくつかのピークを制し1日目は終了。三浦半島最高峰大楠山を経て、夕方日の暮れる頃、乳頭山というこれまた200mほどの低い山の山頂に着いた。
だがここは町が見下ろせ、キャンプに適した平ら場所でもあった。
快適なキャンプをこの自宅裏山で過ごし、翌日住まいへと降りて行った。

その前に目指すは森戸川源流。この小さき谷の中に、水を集め、流れは沢となり、川となって海へと流れ出て行く。その川の生まれる姿が眺められるらしい。
日当たりの良かった尾根筋から屋久島顔負けの鬱蒼とした森に包まれた道を一気に下り、谷底へと向かう。
その突き当り、確かに森戸川源流があった。
雨降らずともどこかから湧き出て集まり流れる水。都市化された街と街に挟まれ、申し訳ない程度に残されたこのちっぽけな山々も、歩けば奥深い。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 葉山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<未だ残る爪痕 | メイン | 期待に胸躍るトンネル>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/172-6acd4f57
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。