スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
結果オーライ
- 2011/12/20(Tue) -

2011.12.15 NEX-5

朝から出発しようかどうしようか決断できなかった。
起きたらもうすでに10時だったということもある。ATMで現地通貨引き出しと、スペアタイヤを買いに自転車屋へといったぐらいで、それほどすることもないのだけど、一日でここビエンチャンを観光せずに出発してしまうのもなんだかもったいない気がした。
思い切って連泊を宿に宣言して街に繰り出す。
寺院周りをしていた時、日本人離れしていて気づかなかったのか突然「日本人ですか?」と日本人離れした男に話しかけられた。

そのマサ君と夕食を共にしビールをガンガン飲んでいたら、隣にいたダブルデート中のラオスの子達と話をするようになった。参ったのはアヒルの卵を食べなと渡されたことだ。半分黄身で半分ヒヨコになりかけの卵。彼らはパリッと卵のてっぺんを割ってお猪口で日本酒を飲むように汁をすすい、栗をスプーンで掻き出すかのようにして身を取り出し、ペロッと美味しそうに平らげる。たちまち20個程の卵の山がテーブルに並べられ、パリッ、ずずっ、パクッとカップルそれぞれのなれ初めの話題を話してもらいながらも立て続けに食っている。
後方のオランダ娘達は「ケダモノメ」という目でお試し食いする僕らを見ていた。
近い将来嫁となる若き花嫁達も、可愛い顔して半ヒヨコ卵を食べまくっていた。
日本のヒヨコは食えるけど本当のひよこは僕には食べられ中でった。以外とゲテモノ食いは苦手である。
まぁ色々出会いあり出来事ありで出発しないでオーライだったのだ。
本格的な旅は明日からに。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング ラオス-ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ラオスの道 | メイン | ビエンチャン再訪>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/178-6ecba183
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。