スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ピーマイピーマイ
- 2012/01/08(Sun) -

2012.1.1 NEX-5

今年も新年からの走り初め。
無事舞い戻ってきたルアンプラバーンから国境を越えてベトナム、ディエンビエンフーという街へ、カヤック仲間の友人と共に目指す。

まずは多少夜更かしの影響もあるが、30km先の観光地に宿があるらしくそこを目指すことにした。
サバイディ!の沿道に帰ってきた。2時間ちょっと走って目的地へと着いたは良かったが、地元の人にいくら尋ねても宿などこの辺にはないという答えしか帰ってこない。
友人を引き連れての初日から、何キロ走れば宿が見つかるのか分からない不安なサイクリングとなった。陽が暮れるまで走って見つからなければキャンプだ。

僕らは不安な気持ちのまま未舗装のダートを再び走り始めた。
その数キロ後、新年だからか集落で楽しそうに外で宴会している人達を発見。写真を撮られてもらおうと立ち寄ると、飲んでけ飲んでけと散々飲まされた。そして「ピーマイ!ピーマイ(明けましておめでとう)」と言いながらとても賑やかに歓迎してくれた。
お返しに何本かのビールを僕らで買ってプレゼント。
まぁそうなると当然皆さん大喜び。飲めや唄えや踊れやの騒ぎとなった。
この先何キロ走ることになるのかまだ分からない。「先に進まないと」というようなことを身振り手振りとタイ語で伝えると、宿ならそこのあるぞと言う。
あるわけないよなぁ、と半信半疑教えてくれた人についていくと、できたばかりで看板も何もないホテルが集落の奥、川沿いにひっそり建っていた。
ふー、助かった。
こうして正月は宴会ありで賑やかに、ホテルありで豪華に過ごせたのだった。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング ラオス-ベトナム | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<元祖!巻ヘアー | メイン | 旅の巡り合わせ>>
コメント
-サワディー・ピーマイ・カップ-
待望のブログ再開。
ラオスの村での新年会の様子。
ほほえましく読ませていただきました。

私も今回の旅では「サワディーピーマイ」という言葉を何回も聞き、また私からも話しました。

あと1週間ほどの最終ラン。
気がつかないうちに体力が落ちている時です。
毎日の目標はあると思いますが、タンデム走行・慣れない田舎道、夕刻陽が傾いても更なる道のりを進まれるときには、どうぞ慎重に・・。

いただいたメールも拝見しました。
バンコクにいるうちにブログの再開を確認できてよかったです。

ひろ
2012/01/09 13:24  | URL | ひろ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/192-bbe31506
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。