スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旅する一直線
- 2012/05/18(Fri) -
DSC04456.jpg
2011.12.17 NEX-5

ラオスの首都ビエンチャンからバンビエンという観光地まで悪路が続いた。
ここをさらに北へと進めば、ラオスの観光の要ともいえるルアンプラバーンに続く。
しかしラオスでもっとも荒れていたのがこの区間だった。修繕が施される気配もなくほったらかしにされている。地元の人達も構わず段差に突入し、砂を巻き上げ去っていく。残された僕はそれに包まれしばらく視界が閉ざされる。
重い荷物を積む自転車にとって、段差は難敵でしかたなくスピードを落とし、穴ぼこをさけ、時に自転車を押して歩く。
いっそのこと全面的に未舗装のほうが、あきらめがついていいのだけど、こればかりはしょうがない。

沿道の木は砂が堆積し、枯木のように変色していた。沿道で暮らす住民は、ちょっとした砂漠化のような現象を食い止めようと水をまいていたりする。そうなると今度は僕がそこを通ると泥水をタイヤが巻き上げ、泥が僕の体のあちこちに飛び散る。

だけれどこうして一直線、のびやかな道に出くわすと、どれだけ疲れていようが、限界に近付いていようが、いつも気持ちが弾む。坂なき幻想が安心をもたらすのか、ただ見慣れぬ景色だからか、憧れなのか何なのか理由はよく分からない。
いやオーストラリアのあの不毛の一直線にはげんなりしてたし、長すぎるのも困る。
ラオスは適度な距離の一直線だった。
適度にまっすぐだったのはこの写真の付近だけだったかもしれない。毎日山ばかりに囲まれていたのだから。

改めて写真見てると、走りたい気持ちがうずうずしてきた。出発までもう少し。それまで仕事もあと2山ほど越えなきゃいけない。
それさえ終えれば気持ちは全開!ハノイへまっしぐらだ。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング ラオス-ベトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<国王を祝い自転車で走る | メイン | 海に乗って漂えば>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/226-751a8a56
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。