スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
国王を祝い自転車で走る
- 2012/05/19(Sat) -
IMG_5678.jpg

去年の12月、タイのチェンマイのさらに西、ミャンマーとの国境近辺のメーホンソンという町で、こんな自転車集団の集会に誘われ、その列に紛れ込んだ。
その時に知り合った新聞記者から、数ヶ月経ちもう約束したことなど忘れた頃に写真が数枚送られてきた。
確かにこの中に僕がいる。
まだこの時はこの集会の意味も知らず、誘われるがままに朝から参列して、町中をこうして地元の皆さんと走りまわった。

平日朝の通勤時間だというのに、堂々と道を乗っ取り、パトカーまで先導させてしまう集団はなんともハタ迷惑だと思うのだけれど、タイ国王のための催しの一環だということで、沿道の人達は概ね好意的に僕らをぼけーっと眺めていた。

国王を祝うのになぜ自転車で集団走行するのだ?という疑問は今でも払拭できないが、僕もなぜそんな集会に参列しているのだと問われれば返す言葉がない。
強いていうなら楽しそうだから、か。

最後までわけも分からずついていったら、「日本から招待を受け今日のために参列したサイクリスト」みたいな肩書で州知事の前に紹介された。
ふらふらっと興味赴くままに自転車で旅していると、よくこんな体験に遭遇する。時間やタイミング、その偶然の重なりから形作られた、なんともおかしな出来事だった。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング タイ②メーホンソンループ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<日食の記憶 | メイン | 旅する一直線>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/228-741d4c94
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。