スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
食堂でのトラウマ
- 2012/05/31(Thu) -

2012.05.31 RicohPX
Hanoi-Uong Bi 110km

あの時のなんとも後味の悪い悔しい出来事が忘れられない。
半年前のベトナム、わずか200円くらいの食事に対し2000円を請求されたときのことを。
店中の人が寄って集って話しかけて来て、隣の兄ちゃんと昼から酒を飲んで気分良くその食堂をあとにしようとしたら、お店のオババがとんでもない金額を言って来たのだった。
困り果て周りに助けを求めようとすると、それまで親切にしてくれた人達にみな知らん顔され、なす術もなく金を置いてその店を立ち去った。

旅中毎日食堂にお世話にならざるを得ない。僕が頼るような店にはメニューもなければ金額などどこにも出ていない。支払いのための数も桁数が多くて覚えられない。これじゃ交渉にでもなれば負け戦である。ここは正直に金額を提示してくれる店に一か八かで入るしかない。
今日は二軒とも当たり。適正な額だった。あれ以来ベトナムではやたら僕は人に対して警戒心を抱いているのだけど、今日は誰もが親切だった。
食堂隣の席でそっと扇風機をこちらに向けてくれた若者。
まるで会話にならないのに、ちゃんとオーダーしたいものを届けてくれた食堂のおかみ。
バイクで横付けしてきて道を教えてくれたおっちゃん。
愛想なかったのに僕の自転車をみた途端態度が豹変し親切になった、おそらく冒険好きのホテルマン。
建物の外に駐輪しようと思っていたら、倉庫を案内してくれて「ノープロブレム」と嬉しそうに話してくれた夜勤のホテルマン。
カメラを向けると満面の笑みを浮かべてくれた高校生達。
今日一日だけで言えば、だいぶ半年前と印象が違う。足元すくわれないように気持ちは用心し続けるけど、ようやくベトナムを楽しむ気分にはなりつつあった。
とは言え三日か四日で中国入りしてしまう。

今日は初日で97km地点の街を目標にしていたが、少し距離を延ばし先へ進んだ。
風はやや向かい風か。クランクを替えたのと、テントを置いてきたのが影響してるのか、フロント3速でなおペダルは軽い。ほぼフラットの道で、意外にも自転車だけのレーンが多く、危険性は少ない道をずっと走ってきた。
体の調子も悪くはない。ただとんでもない量の汗が出るほど蒸し暑い。甘かった。150km一気に詰めようかと100km地点で思ったけど、熱中症の一歩手前の予感がした。7時間遮るものない露天にいれば体も悲鳴をあげる。ついこないだまで冬だったのだから。
慌てて宿に駆け込んだ。水シャワーで事なきを得る。

明日も100kmは越えておきたい。
限界までやり切った時のビールは美味しいはずだから。
安易に少ない距離で一日は終わらせまいと誓う。ここまで宿は20kmおきにあったから、攻めやすいはずだ。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<走り抜いた1日 | メイン | ベトナム男子は肉食系>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/233-24a9cc50
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。