スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
一夜明けたら、わははな道
- 2010/09/30(Thu) -
IMG_0009.jpg
2002.12.27 CONTAX T3

ニュージーランド南島北部にはハンマースプリングという温泉地からネルソンという観光地へと抜ける、レインボートラックというMTB乗りが好んで走る全線140kmの未舗装路がある。
国道を走り抜ければいいものを、自転車乗りの性分でわざわざ人気がない裏道を選んで立ち向かってしまう。

前日は現地暦で夏だというのに日中からみぞれや雪が降り、冷たい風で前進は震え、僕は寒さのあまりこのまま悪天候が続けば停滞=遭難死するかと思い、一人誰もいない湖畔のキャンプ地で怯えながら一夜を過ごしていた。
夏用の寝袋では寒さはしのげなかっただろう。たまたま成田まで着ていた冬用ジャケットがあったためにそれを着こんで寒さをしのいでいた。

しかし天気の神様に助けられ翌朝は、霧深く何も見えなかった前日とは打って変わって晴れ渡り、山岳地帯特有の瞠るべく美しい景色がテントから出ると僕を取り囲んでいた。生きて無事朝を迎え、お日様が山の向こうから顔を出したその瞬間、僕は深く自然に感謝した。

当然最高のサイクリング。登りでもまるで苦にはならず、下りは気分上々、一日中わははな気持ちだった。
結局ニュージーランドを一ヶ月かけて南北縦断したけれど、ここに勝るルートはなかった。MTBのミルフォードサウンド、僕はこう呼んでいる。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング NZ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スマトラの現代女性達 | メイン | スマトラを貫く道>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/24-730f8c1e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。