スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最後の謝謝
- 2012/06/26(Tue) -

2012.6.25 NEX-5
Wuchi - Taoyuan 140km

最後の1日。
今日も風は元気よく南から吹き、力強く味方してくれている。距離は130kmから140kmか。大陸のように一本道を真っ直ぐというわけではないから、総距離が測りにくい。
16時に台北の20kmほど手前にある空港着というゴール設定。空港そばに住む友人と待ち合わせをしていた。台北の20kmほど手前にある。
朝7時半に漕ぎ始めたけれど時間的余裕はほとんどなかった。睡眠がきっちり取れず持久力は明らかに落ちている。33℃という電光掲示をみて余計にくらくらする中、風が背中を押してくれているのが唯一の救いだ。
台湾西海岸。平行して何本もの国道が北へ伸びている。交通量が少ないのと、自転車用の道が整備されているからとても走りやすかった。高速道路のような道でも側道があった。

約束の時間30分遅れで到着した。空港西側から自転車は立ち入り禁止となっていた。
Googleマップに示された歩行者が空港に向かう際のルートを辿ることにする。反時計回りに1/4周したところから侵入できるようだ。
到着。建物などなく目の前に滑走路があり、鉄条網で道は閉ざされている。
さらに敷地の周りを1/4周。期待は出来ないが入口らしきところがある。通行禁止でも突入するつもりだった。
敷地内に入ってからいくつかの通行禁止マークをみたけど見なかったことにして、翌日出発のターミナル1へ。ここが僕のゴールだった。
しばらくして待たせてた友人とも連絡が取れて、一ヶ月ぶりの再会を果たした。

彼女の友人達が多く集まって僕を色々連れ出してくれた。親切だし優しさ極まりない。
きっと彼らは、僕が自転車という特殊手段で旅していたからすんなり受け入れてくれたのだろうと思う。
最後の夜に歓迎してくれる温かい人達に囲まれ、ハノイからの旅は幕を閉じたのだった。
この一ヶ月たくさんの謝謝を伝えてきたけど、最後の、そして大きな謝謝を僕は伝えなければならない出来事が待っていたのだった。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング ベトナム-台湾 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<謎の沙頭角エリア | メイン | お祭り騒ぎ>>
コメント
-台湾は親日の国ですね-
香港・澳門・台湾と私がビジネスで訪れる国を一気に走破してきたんですね?!
本当にごくろうさま。
旅の最終章が楽しみです。
2012/06/30 12:42  | URL | Hiro #-[ 編集] |  ▲ top

--
遅くなりましたが帰ってきました。昨日先生と友人の方とで食事に誘われMKへ行ってきましたよ。鳥〇よろしくお願いします。このエリア仕事で行ってるなんて羨ましいです。携帯の方へ連絡しますね。
2012/07/05 22:08  | URL | や>Hiroさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/247-853aa74e
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。