スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ちっぽけな大冒険にドキドキ
- 2012/08/07(Tue) -
DSC06760.jpg

カヤックを送り、大島にようやく向かう手はずが整ってきた。これもすべては来年6月の韓国-対馬のための経験値を上げるためでもある。
島渡りと言えばもうだいぶ前になるけど、特訓で城ケ島に行ったからあれを第1戦とし、今回の大島は第2戦目としよう。
家にテレビがない銭金生活のため、まるでオリンピック熱はないのだけど、この瞬間世界のトップを目指し努力し続けた選手たちが、戦っているという事実だけは肌と心でも伝わり感じていて、自分も目指すことに対してやり抜く努力だけは続けようと思う気持ちを維持する上では影響をうけているとも言えるか。
栄光の架け橋(古いな)、あれを聞いて自分のテンションを上げる。
実のところテレビをこっそり買ってでも本当は見たいのだけど、その時間もないか。

先月台湾から帰国してすぐに、カヤックでの大島横断の予定は立てていた。同行してくれる人と海外で連絡つけづらかったこともあって計画はあっさり流れてしまっていた。実施予定日の天候もあまりよくなかった。
満を持してというのは大げさだけどこの1ヶ月間、向かう海域の海がどう動くのかを調べに調べて、勝算を考える日が続いた。
海が満潮へと向かう時にどういう流れが生まれ、どのタイミングで漕ぎだせばいいのかをデータを元に割り出す。
それでも天気は当日になってみないと分からない。いつどの判断で戻ったり中止するかも決めておかないと致命的な事故につながる。

そして今回のターゲットは2行程。
伊豆半島から大島までと、大島から城ケ島まで。圧倒的に城ケ島までの距離の方が遠い。
まだ始めの一歩だというのに、うすら高い壁に恐れも感じる。でもこのドキドキ感が堪らないかも。
越えなければ見えてこないものがあるに違いない。まだカヤックでは踏みこめていない領域に安全を担保しながら向かう。
5時間、そして8時間と海で漕ぐことにのみ神経を傾けすり減らし、ただ渡り切ることに情熱をかたむける。
シーカヤックを本格的に初めて4年。
葉山で暮らし始めて、海岸から見える大島に幾度となく渡ることを夢見てきたから軽い高揚感もある。
まあこんな些細な夢で満足できる脳みそ構造は、人生リーズナブルでいいのかもしれない。

あとは天気次第。また毎日天気予報を見続ける日の始まり。最近は10日間予報というのがあって便利。
春先から始まったサービスでよく見るようになったけど、これまで当たったためしがない。
ちなみに週末は今のところ下田地方は晴れ。。。

このちっぽけな大冒険に奥歯なしで挑む。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<BBQなんて嫌いだった | メイン | 中国での祈り>>
コメント
--
潮の流れによっては稲取よりもっと南からスタートしたほうが楽だって聞いたことが・・・

不確かな情報なので気にしないで!

気をつけてね!
2012/08/08 12:34  | URL | なま #-[ 編集] |  ▲ top

-re:>なまさん-
情報ありがとうございます。確かに聞きますね。
なんとも自分で行ってみあいと気が済まないタチらしく、やっかいな性格です。
FBでタイムリーに報告します。
2012/08/08 22:48  | URL | re:>なまさん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/261-216a58d6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。