スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
生と死の分岐点へ
- 2012/08/30(Thu) -
P8290068.jpg
2012.8.29 μ1030

4年前、僕はここで死んでいてもおかしくなかった。
命をかけた冒険での事故とでもいうのならまだ聞こえはいいのだけど、単なる判断上の凡ミス。
安易に選んだ出艇場所で沈して強烈なパワーの波にもまれ、引き潮と上げ潮でもみくちゃにされ、何度もぐるぐるもんどり打って気づけば写真上のテトラポットに、吸い寄せられた体が何度も打ち付けられていたのだった。
水面下で「あっ、死ぬな」と冷静に悟り、人一倍臆病な性格なのに、この時ばかりは意外にも死ぬのは怖くはないものだと思ったことは今でも明確に記憶に残っている。
その「笹川流れ」という現場へ4年ぶりに訪れた。

この日そんなリベンジ的な背景をよく知るメンバー達と一緒にしばらく「笹川流れ」と呼ばれるエリアを漕いでいたのだけど、記憶もあいまいだったため、事故現場にはなかなか到達できなかった。
時間的に出発地点へ引き返す時間となったのだけれど、僕はどうしても探し出したくて、一人残ってさらに漕ぎ進み事故の場所をなんとか見つけ出すことができた。
あの時とはまるで海の状況は異なり、波も穏やかでフラッシュバックしづらかったのだけど、一度死んだ自分を弔うというか、何かを感じ取りたくて、なんとしてもこの機会にこの場所に来て身を置きたかった。
死からは運よく免れた後、再びやり残した夢を貫こうと思い始めアジアを走り始めたこと。それが終わりに近づいたことで少し気持ちの整理もしたかった。
生かされた自分は4年間どう生きたかを自分に問う。
未だ迷い探し続ける日々だけど、ここに誘われ訪れたのはまさに絶好のタイミングとも言えた。

「笹川流れ」は僕にとって分岐点となる場所なのだろう。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<変わらぬものと変わりゆくもの | メイン | 海峡横断その3 新潟県粟島>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/269-eabfa6e3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。