スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
交差点で荒稼ぎするくるくる踊り
- 2010/10/03(Sun) -
PC240345.jpg
2010.12.24 μ1030

ジョグジャカルタというジャワ島の歴史ある古い都市中で、車とバイクの行列とともに信号待ちのために交差点で並んだ。

ふと横に目を向けると派手だけど擦り切れた民族衣装を来た男たちがいて、なにやら動き出そうとしていた。インドネシア都市部の交差点の待ち時間は長い。彼らはのんびり舞台のある会場にでも向かって横断歩道を渡るのかと思いきや、そのままライン上で踊りを始めた。彼らの舞台は横断歩道上だったのだ。

まるで統一感もなく、一人は信号が青へ変わるまでの残り時間表示をちらちらみて気にしていたりする。
裸足のダンサーもいればビーサンのダンサーもいて、クルクル回るタイミングもまるでシンクロしていない。
歩道では「どんどこどんどこ」と太鼓をけだるそうに打ち鳴らす男がいて、その音に合わせて踊ること約30秒。
同じ信号待ちの人たちは、目前で適当に繰り広げられるくるくるダンスにまるで興味を示さず一直線に遠くを見つめている。
信号待ちも残すところあと15秒となったところで彼らはぴたりとくるくる踊りをやめた。それまでの緩慢な動きが嘘のように停車している車のドアを手当たり次第に叩き始めた。車だけではなくバイクに乗った人たちへも「おい、お前見ただろ、今の俺たちのパフォーマンスを」とでも言いたげな顔をしながら、いや実際にそう言っているに違いない、いつの間にか集金袋を手に強引に集金を始めたのだった。
驚くことに、信号待ちのドライバー達は車の窓を開け、仕方ないなという顔しながらもほぼ全員が10円単位のお金を支払っているではないか。
これまでも頼んでもいなにのに勝手にギターをかき鳴らしたり、歌を歌ったりしたのち「はいちょうだい」と見物料を求められることはあったが、勝手に見物者とさせられてしまう交差点でのパフォーマンスとは恐れ入った。たいした商魂ではある。

しかしなぜか僕のところに、彼らはお金を求めにはこなかった。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング インドネシア① | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<スマトラの子供達 | メイン | イスラム世界の象徴>>
コメント
--
やっさん、案外(失礼)写真がうまいね。
文章が伝わるよ。
サイスポ立ち読みしました。
がんばって続けてね~
2010/10/03 19:12  | URL | gas #81Ikyo/M[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/27-7c92313d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。