スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
親切おじさん
- 2012/12/25(Tue) -

2012.12.20 福州

両足首とも痛み軋みだしたため休養。宿を移ろうと思い走り出したはいいけれど、自分の居場所も分からず細かい地図もないため、街中から離れる方角へと進んでいた。マンションなのかオフィスビルなのかが分からず、中心地の目星が外れる。1時間くらい周遊してようやく都会的な賑やかな場所へ入った。チェーンオイルを今日は買わなければならない。だけれど自転車屋をこの街中で当てずっぽうに見つけるのは、宝くじ当てるのと同じくらい難しそうだった。
ビルを見上げながら走っていると、都会にはとても似つかわしくないようなおじさんが「何かさがしてるのか?」(とたぶん聞いている)と隣に自転車をつけて走りながら話しかけて来た。
交差点で自転車止めて、チェーンを指差していると、わずかに英語を話せるようで、自転車屋に連れてくからついて来い、というような展開になった。
10分ほどして着いたのはジャイアントのお店だった。完璧。
おじさんは終始無表情で怒ったようなそぶりなのだけど、確かに親切な人だった。
自転車事情としては、タイヤチューブが手に入れにくい、オイルも微妙な商品、パーツもジャイアントの直営店とはいえ乏しい。海外からの輸入に頼らないというか受け入れを避けれいるかのようで、これまでどこででも手に入ったようなものがお店にはない。
ちなみにガイドブックを手に入れようと、ロンリープラネットをあちこちの本屋を回って探したが見つからず。紀伊国屋のような英語関連の書籍も極めて少ないといえる。
さらにセブンイレブンだとか、ファミマだとかの日本系列のコンビニもない。スターバックスだけは一軒見つけ、英語で道を聞きたくてお店に寄ってみた。
ここでも親切なお店の女の子が、自分の携帯で検索して、日本人のように「そんなに英語は達者じゃない」と言いながらも、しっかり教えてくれた。
相変わらず知ってる言葉は、ニーハオとシェーシェしかない。あと一つだけ「マイアオ」っていう言葉があるのだけど、タイ語と一緒で、ない、という意味だから覚えていてよく口にするし、聞き取れる。
まあ何とかなっているけど、少しレベルを上げないと申し訳ない。
道中話しかけてくれる人は多いのに、受け答えができないのが何とももどかしいし申し訳ない。
ちなみに食堂でも指させば何とかなる。ホテルでも筆談したりお絵かしてれば何とかなる。
よくもタイ語はあれだけ覚えられたよなぁと思う。なのにまるで中国語意欲がわかないのだから、上達するはずもない。
おじさんやこれまでの親切な人達への感謝の気持ちに応えるべく、中国語少しは頑張ろう。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング 中国-韓国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<違法ではありますが、 | メイン | 大都会で地味食>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/275-f29518c1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。