スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
出国期限という鞭
- 2013/01/01(Tue) -

2012.12.26 RicohPX
温州-雨水 125km

一日移動せずに過ごしたため、かえって走り始めはきつく感じた。そしてこの日もまた雨の降る中スタートしなければならなかった。
顔の表面積に対して半分くらいの大きさを占める馬鹿デカ眼鏡の親切なフロントスタッフに別れを告げ、雨がぱらつく中、そして出勤ラッシュの街中を漕ぎ出す。
街の中心部から出るのに2時間くらい要しただだろうか。気づけば道を間違え引き返し、何度も地図を見返しなどを繰り返し、軌道に乗るまでにかなり時間がかかったのだった。
街から抜け出した後は交通量は極端に減った。川沿い両脇に一般道プラス高速道路のこの道はとても静かだった。

これまで海岸線に近い幹線路に沿って進んできたが、ここに来て始めて川を遡上しながら内陸部へと入りこんで行く。北からの風を強く受けながら突進して来たが、山間ではややその勢いも大人しい。
前半戦のゴールとした杭州まで400kmを切った。何とか期日までに着く目処がたった。15日間しか滞在できないノービザでエントリーしているから、一度出国することにした。
ここへ来てよく宿では、ビザはないのかと問われることが多い。
本当は観光ビザへの切り替えを試みようと思っていたのだけど、申請に何日待たされるのか分からないらしい。手続きに頼みの綱だった地球の歩き方もなくした。
杭州から台湾へ。その出国期日までに走り切らなければならないプレッシャーを自らに課してモチベーションを保つ。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング 中国-韓国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<計算に誤差はつきもの | メイン | 朝昼晩飯>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/280-5c0ec2f8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。