スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
相棒は瀕死状態か?
- 2013/01/04(Fri) -

杭州-嘉興 85km
2013.1.3 Ricoh PX

4日間、ビザ対策と避寒のために台湾へ行き友人と過ごし再び中国へ戻ってきた。4日前も寒かったが、後半戦のスタートだというのにホテルの部屋から外を眺めると薄く雪が積もっている。
積雪、もしくは凍結した路面になった時はもう走りようがない。とりあえず準備だけははして街に出ることにした。というのも自転車を預けていたこのホテル、宿代が高すぎたのだ。
走り始めてみればどうってことなく走ることはできた。
が、まだ走り始めて10分、自転車専用道を走っていたところ、後方から走り去るスクーターに引っ掛けられ、派手に転倒した。モンベルのゴアテックスジャケットは奇跡的に破れず、ユニクロのヒートテックのタイツ型パンツも無傷だったが、そのパンツ内膝小僧部分では出血しているようだった。というのも、長いタイツを履いてしまうと、膝までめくるためには、街中でパンツ一丁にならなければならず、周囲には気遣って近づいてきた街中おばちゃんが沢山いたからやめた。悔しいことに引っ掛けたバイクは気づかないのか逃げたのか走り去って行った。
膝は良かったが右手首を打ち付けていたようで、痛みが気になって仕方ない。折れていないといいのだけど、一日たって腫れがひどくなるようなら上海に駆け込もうと決める。
ブレーキもギアチェンジも問題なかったが、夜お尻く拭くときにだけひどく痛みが疼いた。

上海は立ち寄らず、そのまま北上しようと決めてはいたが、まだ気分次第では経由することもできる位置で今日は終わりにした。
手首も気にはなったが、自転車も常に異音をかきたてながら走らせていている。大雨が続く中チェーンが油ぎれとなり、油を刺してからおかしくなっている。もう3日間はビチッ、ビチッとペダルを回すたびに音を鳴らしている。
今日も一日中鳴り続けた。
自分ではどうにもてきず、夕方自転車屋へ駆け込んだ。一生懸命診てくれる自転車の人達。ディレーラーをいじって調整してくれた。するとスポークが一本折れていた。
これか?原因はと思い取り替えをお願いしたが、他の店を勧められた。
色々と調整してくれたのたからいくらか支払おうと思ったが、自転車屋の彼らは一銭も受け取ろうとしてはくれなかった。申し訳ない。
どんな状態だとしても、あと少し、なんとか走りきって欲しい。
でも相当自転車もくたびれた状態なのは確かだ。だましだましでも何とか堪えてくれることを願う。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング 中国-韓国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<色鮮やかに | メイン | 越橋問題>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/284-691864a3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。