スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
復活快適
- 2013/01/06(Sun) -

蘇州-無錫 51km
2013.1.5 Sony NEX-5

走り始めてから気づいた。タイヤチューブの空気がわずかに抜けていることに。
すぐに台湾の世界最大級自転車ブランドGIANTのお店が見つかり駆け込む。速攻で空気を入れてもらえるのだ。
お店の中を覗き見気分で巡回すると、かなりの品揃えだった。今まで立ち寄っ自転車屋で間違いなく一番。迷った末、今の自転車の状態を相談してみる。

バチバチと音を立て続けていた原因はチェーンではなかった。
後輪車軸の車軸が壊れていたのだった。何度か自分で確かめたりしたことはあったけど、今回その症状に気づけなかった。
タイヤを外し、手で車軸を回すとグリグリといびつな音を立てながら、そしてスムーズに回らない状態だというのが手にとってみて手に取るように明らかだった。
10年以上このハブ(車軸)はタイヤを回し続けながら色んな国の泥をかぶってきたというのに、一度も中をこじ開けて手入れしてこなかった。
交換となると相当時間を要するため、その間観光することにした。写真は街中に立つ8重だか9重だかの塔に登って見渡した蘇州の街並み。

自転車屋に戻り仕上った自転車を受け取ってすでに14時。
もう一泊この街にいても良かったが、少し修理後の自転車を走らせたくなった。
異音はピタリと止んだ。
それだけにあらず。自転車がスムーズに動く感覚。スーッと電動チャリにでも乗っているような感覚。乗ったことないけど。
そして、平たんな道でペダルの踏み込みを止めても転がり続ける推進力。
これまでどれだけパワーロスしてたんだかと思う。
これでいつ壊れるのか分からぬ心配から解放され、気持ちは楽になった。ずっと悩まされ続けたアキレス腱も痛みはほぼ消えた。
そしてコンスタントに時速20kmで走り抜けている。

夕方街に入り宿探し。チェーンホテルを巡って3軒連続で断られた。外国人だからという理由で、規則だからと分かってはいるけど、無下に断られると悲しくなる。
勧められたニッコーホテルに行きたくなる気持ちを何とかこらえ、諦めず安宿4軒目。またしてもノー。しかし何だか親切に対応してくれた。
気づけば英語のできる人と電話で話をし、フロントで対応してくれた彼は着替えて別のホテルまで案内してくれたのだった。
それほど近くもない道をわざわざ案内してくれた。申し訳ない。
そんなこんなでずいぶんと遅くなってチェックイン。
観光、生まれ変わった自転車、宿泊トラブルとそんなこんなで変化に富んだ、そんな一日となった。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング 中国-韓国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<The 長江 | メイン | 色鮮やかに>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/286-c85c8c9d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。