スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
The 長江
- 2013/01/07(Mon) -

無錫-姜堰市 117km
2013.1.6 RicohPX

高校の英語の先生は、
「川にはtheをつけろ。だから毎朝利根川を渡る時にはthe Tone だ。いいか?」
とそんな授業光景を思い出す。
だからここで、The 長江。
長江(友人)もこれ見てるだろうか?

さて、世界で何番目に長い川だったかも忘れてしまったが、長江というのが中国のどこを流れているのか、授業を受けていた当時はどこなのかまるで興味を持てず憶えられずにいた。
南京ですらどこなのか、近くにまできて毎日地図とにらめっこしてようやくその位置関係を理解することができたくらいなのだ。

この長江、一般車向けの橋もトンネルもなく、渡し船に乗るしか越える手立てがなかった。橋は高速道路でおそらく渡れない。確かめるのもかなりの時間と労力ロスになるからやめた。
そのためか、長江を堺にだいぶ風土が変わった。南側はテクノロジー系の工場が立ち並んでいたけど、北側に入った途端に農地が永遠と続く景色に変わった。
基本自転車やバイクといった移動手段の地元の人達にとって、長江によって交流は隔てられているに違いない。

本当はもっと大河と言われるこの川を眺めでもして味わいたかったが、港はあっさり見つかり、船着場に着いたと同時に出港してしまった。
そのまま促されて船に乗ると地元のトラックの運ちゃん達も写真撮っていたから、やはり彼らにとってもこの河は特別なのだろう。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング 中国-韓国 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<弓削面の達人 | メイン | 復活快適>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/287-608f5386
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。