スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Bye-Bye チャイナ
- 2013/01/14(Mon) -

青島-仁山 by weidong ferry
2013.1.11 RicohPX

青島から韓国の仁川に渡る船に乗った。可能な限り人力でというこだわりがあるが、この海峡、350kmもあり、なおかつ北朝鮮にも面している。
その代わり同じ緯度のところまでという、なんとなくのこだわりでここまで走ってきた。
国と国を渡る船というのもまた興味があった。
17時間(このときは潮の関係で20時間)もかかる船は韓国製でとても快適だった。
しかし空路の発達したこの時代に、こんな辺鄙なルートを選ぶ人たちというのは、自分も含めて、極めて一般人でもありまた、変わっているとも言える人たちの集まる船でもあった。

前日のうちに港でチケットだけは買っておいた。
指定された時間に行くとすでに多くの人たちでにぎわっている。少しして日本語で話しかけられた。
「ここに自転車をおいておくのはよくないですよ」と。
後にトウさんと名乗る、長渕剛似の青島人がそう忠告してくれたので、より人の目が行き届く安全な場所へと自転車を移したのだった。
しばらく日本語でトウさんとお話をする。すると、
「ワタシノお兄さん、この船に乗るあるよ。でも荷物多いからイガラシさんに運んで欲しいものあるよ」という。
きたきた。極めて典型的な怪しさ極まりない依頼ごとではないか。

そのトウさんにさりげなく聞き出す。
「この船に乗るんですよね?仕事?観光?」
「もちろんお仕事ですよ。ビザ、これみてください」とトウさん。さっと見せてすぐしまう手つきがいかにも怪しい。
周りには港の職員も韓国の観光客もたくさんいる。
「で何を運んで欲しいのですか?」
「はい、これ見てください。黒豆にピーナッツ」どっしりと重い豆類の袋が二つあった。
彼はなにやら企業から依頼された物資を中国から韓国へと運ぶ仕事をしているとのことだった。
フェデックスやDHLなどが発達した今日、日本ではあまり聞かない仕事だけにますます怪しかった。
しかしそれまで港でいろいろ僕の面倒をみてくれていた。しかしその親切の代償に麻薬やら薬物関連のものを運ばされて、韓国で御用になるのだけは避けたかった。

出航までは2時間もあり、トウさんとお兄さんも船に乗るということなので、まあ適当にいいですよと言って、あとでしらばっくれて逃げてもいいかと思っていた。
船に乗る。すると早速トウさんからのお誘いで、ビールでもどうですか?となり、宴会が始まった。
中国大陸最後のお別れをデッキから眺めて味わおうと思ったのだけど、気づけば出航していて陽もくれ、リーさんというにぎやかなおっちゃんも混じって青島ビールを飲みまくっていたら、大陸などあっという間に見えなくなっていたのだった。
さりげなく彼らの職業やら、トウさんがなぜ日本語が達者なのかを聞いたりしながら、黒豆を運ぶかどうかの判断材料を集める。
たかだか1キロか2キロのものを僕に頼むメリットがどれほどなのかが分からない。
韓国のイミグレを出たら「ワタシノ友達待ってるあるから」という。散々ビールをおごってもらい、りーさんの奥様手作りの持ち込み料理を頂き、楽しい時間をすごしたのだった。
船の中の場所案内やら、酔っ払った韓国のおっちゃんから僕を守ってくれたりした。
彼は親しげによってきて、足りない英語とぐでんぐでんの舌で何かをしゃべっていたのだけど「抗日」という言葉を手に書いた。
なんだ、日本が嫌いならわざわざ寄ってこなくてもいいのにと思う。
150人ばかりしか乗っていない船には60人くらい、コウさんのような運び屋が乗っているとのことだった。みなと仲良く話しているし、とても危ないものに手を出してはいない人たちだろうと判断し、黒豆の運び役をかってでることにした。

降りる前に、「豆類バックパックに入れてください」という。なんだかまた怪しいと思ってしまうことをいうトウさん。
彼らは観光客より遅れて船を降り、再び4時間後、同じ船で中国へ引き返すとのことだった。

まぁ捕まったら彼らを引っ張りだして、なんとでもなる、と思いどっしりと重い黒豆類を自転車に積み込み出国したのだった。
X線検査。どきどきするがお咎めなし。
ゲートを抜けて見知らぬ男に呼び止められる。どきどきしながら、こそこそしてはならぬと思いながら、どうどうとバックパックから豆類を出し、名も名乗らない男に渡す。
何も起きなかった。

僕はすぐに宿を見つけ、スーパーでトウさんが大好きだというアサヒビール、リーさんの愛して止まない青島ビールを買い込み、再び港へと戻った。
まるで日本人のように、いやいやいやいやと二回ほど受け取らないしぐさを見せたけど、喜んで持っていってくれた。
そして僕は青島にも友達ができた。
青島で知り合った女性と結婚した友人といつかここに来て、みんなでビール祭りにでも行きたいという夢もできた。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング 中国-韓国 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<ハングルハングル分かんねぇ | メイン | 中国ラストラン>>
コメント
-や→ひらお-
イェーイ 、本当に誘うし行くよ!
2013/03/25 08:14  | URL | や→ひらお #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/292-30c4a669
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。