スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
本番に向けて その2
- 2013/06/01(Sat) -
RIMG0009-001.jpg
2013.6.1 RicohPX

2度目の長距離ソロ。
沿岸を離れ葉山から一気に対岸の伊豆半島へ向かうため、やや緊張感あり。
距離は韓国-対馬とほぼ同じ距離で55km前後。
この葉山から熱海まで一気に横切るこのルートも、かなり前からやろうとしていたけど実行に移せずにいた。
これが達成できれば、次は100kmが待っている。

海に出てしばらくの船も行き来していたが、江の島を横目に通り過ぎた辺りから俄然その姿は減っていった。
当然カヤッカーなどすれ違いもしない。こんな沖合を好き好んで漕ぐ人などそんなにはいないだろう。
景色は数時間ほとんど変わらず、目を楽しませてくれるのはこのミズナキドリぐらいだった。
富士山をついつい正面に見ていたら、ルート望んでいたルートよりかなり北側を進んでしまっていた。

沖合に出ればでるほど自分がどの方角に向かっているのか、見失っているような錯覚に陥ることがある。うねりの角度がいつのまにか変わっていたりすると、混乱したりもする。
GPSさえ動いていれば、遭難することもないのだろうけど、一瞬はてなが頭をよぎると急速に不安が増す。

真鶴半島までで約40kmだった。もっとルート取りをしっかり行ってさえすれば、距離もかかる時間ももっと短くてすんだ。直線的にくれば初島も近かったはず。熱海入りも30分くらい早められたはず。
最終的な距離は55kmだった。約9時間。時速は6kmに及ばなかった。

しかし長距離を乗りこなす感覚だけは少し身に着いた。あとは体の一部分だけに負担が押し寄せないようなパドリングを心がけるのみだ。

夕方4時過ぎに熱海のサンビーチに入港し終了。乗り捨てのレンタカーを借りて家まで戻った。
これも一度やりたかったことの一つ。分割できるカヤックだから、片道だけカヤックで、搬送はレンタカーでというやつだ。
相模湾縦断gooearth
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<悪魔の睡魔 | メイン | 本番に向けての3ステップトレーニング その1>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/303-a7c9af7a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。