スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
漁師たち
- 2013/08/23(Fri) -
RIMG0135.jpg
2013.8.19 RicohPX
DAY6 Mageompo - Otjeom-gil 30km

ほぼ3日間過ごした場所をようやく離れることができた。
毎日風が強く海に出ることができなかった。実際に海の上に出てみないとうねりの強さや、風のあおり具合も体感できないから行けるかどうかはわからない。判断は難しい。
でもこの日一日、波が立ちやすい場所を数か所通るたびに、風のない今日を選んでよかったと何度も思った。特にアンミョン島へと渡る場所で流れがあり、風のほとんどないにも関わらず波立っていた。
もし勢い余って天候の回復を待たずに海に出ていたら、きっとどこかで波に船をひっくり返されていたに違いない。と、そう思えるような場所が数か所あった。

リム君ともう一人年配のキムさんに見送られて出発。岬を出たところで大きい船が僕を待っていた。海上保安用の中型船で腹にはPOLICEと書かれている。どうやら一日ついてくるようだった。帽子のつばをつまみあいさつをする。こんなバカげたことに付き合ってもらって申し訳ない。
しかしこれで好きなところで上陸したり大便したりと、好き勝手なことはできなくなってしまった。

風は西風からやや北風へと変わり、カヤックには都合がよかった。当然最初のうちはスピードにも乗った。これなら申告していたテアドという場所まで案外あっさりついてしまうんじゃないかと思いがなら進んでいたが、そう楽な条件がいつまでも続くことはなかった。
潮流だ。
次第次第に時間の経過とともにあからさまにスピードは落ちていく。日本ではこんなに強烈に感じたことはないし、だいたい流れの早いところは決まっている。でもここでは広い全域でそのまま水が動いているかのようだ。

夕方も近くなってようやく細長いアンミョン島の南端あたりまできた。
キャンプ地を探す。岸とはかなり離れた位置にたくさんのボートが停泊していた。干潮時には相当な長さの干潟になるのだろう。
翌日出航の時間からすると、またかなりの運搬労働を強いられることになりそうだったが、それでもスロープが見つかったためそこへ向かうことにした。海上保安の船にパドルで大きく合図をし別れた。
上陸した場所は小さな小さな集落だった。少し歩きまわると個人商店もあった。まずはビールを買い込む。
トイレには蛇口もあった。シャワー代わりの水を浴びていると、船の修理をしていたおとっちゃんが来て建物の中へと案内してくれた。
きっと打ち揚げた魚介類を洗う場所なのだろう。長いホースの先を持って「四つん這いになれ」とでも言っているようなので、なんだか分からないけどお魚になった気持ちで指示に従う。
どうやら水を背中からぶっかけてくれるらしい。
見ず知らずおとっちゃんにいわれるがままなすがままに頭から背中にかけ水をかけられた。僕を魚とでも思っているに違いない。だが今度はせっけん持ち出してごしごしと僕の背中まで洗ってくれるのだった。
なんとも気持ち悪いのだけど気持ちいい。
よつんばいになりながらパンツだけはしっかり手で押さえていたが、背中を一通り洗い終えたころ、おとっちゃんは仕事に戻っていったのだった。

なんだかいろんなことが起こるものである。

壊れていたストーブを試しに使ってみる。いつも通り使えたため、さっきの洗い場でご飯を磨いでおいたのだけど、また使えなくなってしまった。散々分解して何度も試みるのだけどダメだった。
ガッツ石松似のいかにも漁師というようなごついおっちゃんがそんな僕を哀れそうに迫力のあるお顔で見ていた。やがて火がおきないことが分かると僕の鍋を掴み、手招きだけされるのでついていった。
二階建ての素敵な家だった。奥さんに指示を飛ばし、幾種類かのおかずとともにご飯の盛られた鍋がお盆とともに帰ってきた。シャワーはいいのか?というが、「さっきあちらのおとっちゃんに背中流してもらいまして、、」とは言えず、食事だけありがたく頂戴した。

食事にお酒だけではなく、シャワーで汗と潮も流せて、景色抜群のテント地で充たされ僕は眠ることができたのだった。

RIMG0148.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<いろんな人に支えられて | メイン | 警察さまさま>>
コメント
--
ヤッホー!元気に進んでるみたいだね! いろんなこと楽しく読ませてもらってるよ~( ^o^)ノ
しかし男は特だよなぁとシミジミ感じながら・・・ファイテン!
2013/08/23 12:20  | URL | りお #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: りお-
そんなにお得感を感じたことない。一旦ここで中断の時がきちゃった。9月2週目結城でお仕事なんだ。よければその時に。
2013/09/04 23:41  | URL | Re:や→りお #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/313-93b0fe20
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。