スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海は厳しく、陸は温かく
- 2013/08/23(Fri) -
RIMG0181.jpg
2013.8.21 RicohPX
DAY8 Chunjangdae Beach - Sinsi-do 45km

勝負の一日。
距離にしろそうだが、2度島を渡らないとならない。
さらには、人工道路、潮流発電所、と予測できないものがあった。
ここを越えることが第一の難関だと前前から地図をみて思っていた。

できるだけ朝早く出発する。歌うように話す宿のおばちゃんとは会えなかった。その代わり、昨日のPOLICE達が朝も早いのに今日は行くのか、どこまでだと心配なのか、指示されてなのか分からないがやってきた。
みるみるうちに潮が下がっていく。海に一礼してカヤックに飛び乗り、POLICE達にお別れして出発した。

一つ目の島まで約15km。一気に渡る。潮流の影響もなく6km/h強船は進んでいく。うねりもほとんどなく、雷雨となるような雲も出ていなかった。岸べたから離れることにもだいぶ慣れてきた。
よし。今日こそ早くついてのんびり島時間を過ごすぞ!と意気込んでぐいぐい進んでいくつもりが、干潮の時間を境に状況は急転するのだった。

地図には見えていない防波堤が岸から遠く離れた場所に建っていた。灯台がありそこを目指してすすんでいたのだが、目にも明らかな海の流れがこの長い防波堤に沿って流れ込んできていた。当然スピードはさらに落ちる。7km/h出ていたのが時間とともに5km,4kmと落ち、最後は2km/hぐらいになった。
遠く離れていた海上保安艇も急にこの流れの後ろに回り込んできた。危険を察知したのか。
灯台を回れば、島へと続く10km以上の海上道路が見えるはずだったが、流されているのか、この防波堤の位置が地図にはないため、予測位置とことなっているためか、自分の位置に自信がもてなくなる。唯一GPS上でわずかに自分が進んでいることで自信を保っている。
2時間やみくもに漕ぎ続け、一向に打開できない状況のため、どこかに上陸したかった。おそらく常に流れが速いのだろう、浜はなくテトラばかりだった。

遠くに小型船が集まっては消えていく場所が見えた。おそらく港があるのだろうと推測し、そこまでまずは力を振り絞って頑張ろうと決める。
写真の長い長い道路。この人工物がこの海域の大きな流れを作っているのだろう。人工物は怖い。この橋の付け根に港があり、逃げ込むが港の関係者に上陸する前に追い出された。逃げるようにこの港を出て考える。
目の前にようやく見えてきた島まで行くか、ここまでとするか。
邪険に扱われたような場所なんかに滞在はしたくはなかった。わずかだけど残っている余力でなんとか島まで行ってしまいたかった。道路は上陸できることがわかった。
長い道路も街灯が均等な距離でいくつも立っている。その数を数えながら、A-91、A-90なんてかかれた標記もあり、数が減っているのを確認しながら進む。自転車ではよくやっている作戦だ。

目指す島は見えている島のさらに奥にあった。手前の島の水路に入るところで、「Sinsi-doはなんとかかんとか」といって海上保安艇は去っていったのだった。
時速3kmに満たないカヤックをどんな気持ちで見ていたのだろう。

上陸地は予定のハーバーではなく、集落のようなところだった。泊まれる宿はなく港にテントを張る。夕飯やトイレは港付近の食堂でお世話になった。
夕食時、にぎやかに食事している10人ばかりがいた。喧嘩をしているような大音量で女の人が誰かに何か言っている。しばらく見ないよう、聞かないようひそひそ食事をしていたが、僕の分かる単語が聞こえてきてしまった。
「イルボン」(日本人)だ。
その瞬間反応してしまい、彼らとぱっと目があってしまった。みんながこちらを向き、しまいには手招きしている。
飲んでいた焼酎をもってテーブルについてしまった。
タラバガニが大量にテーブルにあり、聞けば男性は漁師さんとフィッシュガイドさん。女性はその奥さんとのこと。飲めや飲めやで、様々な料理にお酒をたらふく頂いてしまった。
ビスケットやお菓子を大量に持たされ、おみやげだという。明日も早いけど気にもならず、最後まで飲み続けてしまった。

皆温かい。

RIMG0189.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Nothing Special | メイン | いろんな人に支えられて>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/315-ea8ec013
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。