スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
VS.海洋警察
- 2013/08/30(Fri) -
RIMG0312_201308302218122b0.jpg
2013.8.28 RicohPX
DAY13 Usuyeong - Eoran 35km

この写真のおとっつぁんは海洋警察ではありません。昼食を食え食えと言ってごちそうしてくれた人のいい漁師さんか船乗りさんです。

バトルは朝から始まっていた。
起きてホテルから街を見下ろしているのだけど、霧に包まれていた。目の前にあったSido Bridgeもまるで見えない。出航の準備だけして30分、昨日の上陸地点は人の家の庭だったのだけど、そこで霧が晴れるのを待ち続け、視界が少し晴れたところで海に出た。
すぐに海洋警察の巡視艇が待ち受けていた。近づくとどでかいサイレンを鳴らしこちらを呼びつけている。
けたたましい音に近づかないわけにもいかず、仕方なしに湾内に待機していた巡視艇へ船を寄せた。
「まだ霧が晴れないので先には進まないで下さい」と制服を着た、いかにも公務員風のせわしない海洋警察の人のよさげな人がそす僕に告げた。
待ち時間も分からず、船の上とカヤックの上とでは話するのも億劫で、レスキューロープでカヤックを固定して、巡視艇のデッキの上によじ登らせてもらった。
携帯でしきりにどこかに電話をかけている。待てばまつほど、潮の流れの条件が悪くなる。しかし彼らが見せてくれた干満表の時刻は、僕がこれまで見てきた潮汐表の時刻を大きく異なっていた。水位差も明らかにことなり、700cmだったのが最大300cmまでに下がっている。エリアはもう日本海側なのだ。
デッキの上で待つこと1時間。かなりの時間の浪費だった。

時速14kmの流れに乗って狭い海峡を進み始めたところまでは良かったが、あっという間に速度は落ちた。時速2km台まで落ちたところでちょうど小さい港があり上陸。3時間ほど待つことにした。
さっきからすぐ後ろにつけてきていた巡視艇(この日のスタート時とは異なる)も沖で待たせていることになる。
だけれども僕はこの写真のおっちゃんに招かれてワイワイおいしい昼食を頂き、危うく勧められるがまま酒まで頂きそうになったがこらえ、おひるねをしてすごしたのだった。

15時に再出発。巡視艇がサイレンをすぐさま鳴らし、船の上に5人ほどの人が出てきた。これまでこんなに大人数だったことはない。彼らが122へ電話しろという。電話している間にどんどん流されて後方へ向かっていく。腹立ちをおさえながら電話をすると、今日はもう時間が遅いからやめろという。んあバカな。暗くなればどこにでも上がるぞボケというのをこらえ、なんとか主張を押し通し南へと向かう。巡視艇から人が出てきて、俺らがエスコートするからついてこいと言い出した。向かう先は僕が万が一遅くなった時に備えて沿岸に進みたいのに、それとは別方向へと向かおうとする。半ば無視して次第に離れると旗を振っている。ならこっちへお前らが来い、と常にいらついていた。
安全を管理するからといってどれだけこちらを危ない目にあわせれば気が済むんだ?とむしゃくしゃした気持ちで進むこと1時間。周囲はブイだらけになった。小さなブイが続いていたが遠くに目立つ赤いブイが無数に浮かび、なにやら立ち入りしてはいけないような雰囲気だった。巡視艇はこのブイを遠巻きにしている。確かに彼らの船ではこれら漁師の人たちが仕掛けたブイが立ち並ぶエリアには船では進めない。
ようやくそう理解したころに、巡視艇が一気にこちらに向かって来て、また何やら忠告したいようだった。
カヤックをまるごととりあげて目的地へ連れていくとでも言われるのではないかと不安に思った。
デッキには7人もいる。まるで遭難したかのような扱われ方で恥ずかしくなるが、海はベタ凪である。
疲れてないか、どこまでいくんだ、あとについてこい、など言うがどれも的外れで困ってしまう。
一番近くの上陸地を予定していると彼らに伝えるが首を横に振る。「オランまで案内するから」と言って、その場所を指差すが、このブイがたくさんあるところは突っ切ってまっすぐに行っていいからという。

結局19時半になってようやく上陸を果たせた。かなり暗く危ない時間帯でもあった。上陸間際まで巡視艇はブイに阻まれて沖合の遠くにいて、こちらが上陸しそうだと気づいて慌てて近づいてきたのだった。
まるで息が合わないし、ますます対立感が高まっていく。

上陸後、真っ暗になっているにも関わらず砂浜にはPOLICEがやってきた。おっちゃんは気に入らないらしく、なんだかぶつくさ言っている。のちに若い警官がきて、好意的で、わざわざ再度キャンプ場所まできて食事と飲み物を運んでくれたのだった。
たき火で用意はしていたのだけどありがたく頂いた。

満点の星空。砂浜でのキャンプは静かな夜になった。

RIMG0321.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<まさかのホームステイ | メイン | 悪魔の岬>>
コメント
--
巡視するためどれぐらいの税金がつかわれているのかな?それとも暇だから…?
2013/08/31 00:53  | URL | まーしー #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: まーしー-
通常2名、多い時で7名が乗船してるから人件費は×1万円くらい?プラスガソリンなんだで、って知らんわ!彼ら勝手についてくるんだから。暇でもないだろうし申し訳ないよね。カナダではきっとあり得ないことでしょう。
2013/09/04 23:46  | URL | Re:や→まーしー #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/320-ec9ad80c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。