スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最後のお見送り
- 2013/09/13(Fri) -
RIMG0436.jpg
2013.9.3 RicohPX
DAY17 Dolsan - Yeosu 18km

台風が近づきつつあった。つい昨日までは九州に一度近づき再度西へ、そして日本海へ通るルートだったが、いつの間に進路は変わり、九州へ上陸してそのまま北西へという予定になっていた。
それでも天気は下り坂だ。
一応この日の目標点を40km先に定めるが、早くも行けそうにないと悟る。しょっぱなから向かい潮だった。
海図では流れのサインである矢印マークは記されていなかったが、この便座湾は干潮に向かう下げの時にどこもかしこも大きく潮が南へと流れ出るのだろう。
北に向かう僕は明らかに逆境で、速度は出だしから乏しかった。

向かい潮だけならまだしも、風も強く吹き始めた。
風向きに対して真正面に向かう。横から吹かれるわけではないから安定はしていた。湾内だからぎりぎりセーフだけど、外洋に出たらアウトだろう、とそう判断するしかなかった。
4時間かかってわずか18km。ひとまず一回上陸する。
だけれど、街が大きくどこに船をあげていいのか分からなかった。
巡視艇のほうへと向かい、彼らに事情を説明すると快く案内をかって出てくれた。
誘導されるがまま、ドックのほうへと向かう。
高層ビルに大きな橋、綺麗な街並み。インチョン以来久しぶりの街だった。

ここでも上陸時にはたくさんの手助けしてくれるポリスの方たちがいた。
朝から見送られ、町に着けば迎えられ。

翌日どうしようかと悩んでいると一日は猛スピードで過ぎていった。
まずは心落ち着かせるホテルを確保できた。
調べて明日朝までに、以降先へ進むか、ここで一旦休止するかで悩み決断しなければならなかった。

RIMG0446.jpg
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<再度韓国へ | メイン | 便座型半島を往く>>
コメント
-承認待ちコメント-
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/20 05:29  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/326-84be3f19
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。