スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
予定外出国
- 2014/08/17(Sun) -
DSC07734-001.jpg
2014.8.11 NEX-5 対馬厳原

敗戦気分のまま一時対馬の厳原へ。釜山の税関との交渉がいともあっさり終わってしまい、八方ふさがってしまった。打つ手もなくただ日長海を見て飲んで食っちゃ寝していても仕方なく、一旦隣の国に帰ることにした。対馬の税関の方にあって話をしてみれば、何かくぐり抜ける策ががあるかもしれない。どうしても叶わぬというのなら、ルートは逆だが日本から韓国に渡るというのもありかもしれない。いやもう韓国になど戻らず、対馬から本州に渡ってどんどん先に漕いでいくのもいいかもしれないとさえ思い始めていた。

台風12号も遠くへと去りゆくなか、まだうねりは残っているが、大韓海峡を今度は高速船で再度渡る。二度目の下見となった。この海況なら問題なさそうだと思えるそんな様子だった。翌8/12 になれば予報ではさらに風は収まり波も低くなる、8/13 さらに穏やかになりほぼ無風。8/14 波はほぼ0mというのが信頼する海峡の海上情報だった。

打てる手はできるだけ多い方がいい。釜山を出る直前に一応韓国の通訳兼手続き交渉人に会って相談してみた。名前をカンさんという女性で彼女に手数料を支払い、釜山の税関や出入国の必要な手続きを詳しく当たってもらうことなっている。
対馬到着後、早速そのカンさんから連絡が入る。
「税関とも話が済みました。特別な書類を作る必要がありますが、カヤックでの出国はできます」と。
気持ち半分諦めていたところに思わぬ朗報だった。
ではいつ戻るかだ。このままとんぼ帰りか一日置いて明日帰るか。遅いと天気はまた荒れてくる気配もあった。
「出発日、出発場所を決めて再度連絡を下さい」とのこと。
決心のときが来た。逃げるわけにもいかない。高額な手数料と高速船の往復運賃、これらを払うかこの先の日本を対馬を旅する易きに流されるか。しばらく悩んで神社にも行き、ついには決めた。
8/12、ここ厳原から釜山に戻る便は1便しかない14:40分発。16時半に向こう着いて交渉してカヤックを組み立てなど、8/13朝に出発までの準備の時間は果たして取れるのだろうか。慌ただし中出発してもろくなことにはならない。

夜、友人から「月すごいきれいだから見な」とのメールが入った。
海ばかりみて、天気ばかり調べていて空を見ることを忘れていた。彼女の指令通りよなよな歩きに出て月を探す。しばらくすると辺りを照らしだした。
このタイミングはどんぴしゃだ。間違いない、海を渡れる。
半ば離れていった夢が一気にまた手の中へ戻りつつあった。

いや待てよ、スーパームーンてことは大潮でねえか?8/13まで潮は大きく流れるんだったということをふと思い出し我にかえった。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | シーカヤック 韓国-日本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<要するにめんどくさい手続き | メイン | 再度韓国へ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/328-08c370a8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。