スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
速い男に憧れ、背中に見惚れ
- 2010/10/14(Thu) -
PA100146.jpg
2010.10.10 μ1030

2年前本格的にシーカヤックを始めた頃、今回と同様に牡鹿半島を案内してもらったのだが、この人の破格のスピードにはまるで太刀打ちできず、手も足もでなかった。同じ動きを真似して同じ腕回しの速度で水面下にパドルを差し入れているのだけど、みるみる距離は突き放され、悔しい思いをしたことだけはよく覚えていた。

今回自分がどれだけこの人についていくことができるのか?
海では潮の流れや風向き、船の形状やパドルの特質など様々なものが影響しあい自分の平均速度を数値化することは難しい。前に効率よく漕ぐこと、ただそれだけなのだけど、それは知れば知るほど奥深く面白い。

がしかし、スピードなどにこだわることなどあまり好かれない行為でもある。
それでも僕はついていきたかった。アホなことにカヤック運搬時に手首を痛めていて無理をすると鈍痛が走るのだが、この日はそれも和らいでいた。ついていくためにすっかり痛みを忘れていたということもある。

見習う男の背中はかっこよく見えるもので、いつ見てもほれぼれするほど背姿は男前だった。
時折後ろを振り返るその顔は、一見仁義な小林稔侍のようなのだけど、くしゃりと顔をほころばせずーずー弁でもの申すものだから、ついつい心で笑ってしまう。僕はそうして独特のワールドに取り込まれてしまう。そんな魅力ある人だった。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | シーカヤック | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<続、見惚れる背中、恐れる気配 | メイン | 海ガールは母ガール>>
コメント
-おつかれチャンでした-
またもや楽しい旅でしたね!

またどこか遠くへ漕ぎに行きましょう~!もちろん近場も・・・!

2010/10/14 21:40  | URL | なま #-[ 編集] |  ▲ top

--
いやまず、先週はお疲れ様でした。
楽しいツアーでした。

小林稔侍は、出艇前の禊を見られてショックミー!
これからオムツして海に出ます。

また遊びに来て下さい~
2010/10/17 21:17  | URL | 小林稔侍 #AmgLJQlM[ 編集] |  ▲ top

-Re: タイトルなし-
稔侍さんブログも観ましたよ。かなりハードな遠征の様子、憧れます。
リンク張っていいですか?いつかは粟島よろしくお願いします。
2010/10/20 23:44  | URL | やっし- #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: おつかれチャンでした-
運転大変だったのでは?いつもすいません。
今週末のポタサイクリングよろしくです。
2010/10/20 23:46  | URL | やっし- #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/34-54bb1a72
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。