スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
続、見惚れる背中、恐れる気配
- 2010/10/14(Thu) -
PA100143.jpg
2010.10.10 μ1030

この人も速い。いつも黒づくめの彼女の後ろ姿はまるで暗黒卿ダースベイダーなのだが、みさラッタは軽々としたパドリングで進んでいく。
彼女に恋心を抱いたシーカヤッカーは、そのスピードに「あなたにはついていけない」とぼやき諦め離れていくという、恐ろしき海ガールである。
彼女が後方から近付いてくると、男の僕からすれば非力を露呈してしまう事をおそれ、何気ない顔してスピードを合わせることになる。しかし彼女は笑みを湛えたまま追い抜いていってしまうものだから、僕はうなだれることになる。そんな目に何度もあいたくもないため、彼女が忍び寄るとあの暗黒のメロディーが頭に流れ始める。

以前西伊豆の岩場で彼女が沈をしたところを見たが(これまでその一度しかひっくりかえったのを見たことがない)、激しく波打つ狭い岩と岩の間で、ロールを試みていた姿は圧巻だった。
すぐさまそのルートは回避し、僕は安全策をとって逃げた。

そんな彼女から今回「ムラのある人生」という適切かつパンチの効いた表現でグサリと一刀両断され、僕はまたうなだれたのだった。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | シーカヤック | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<東京砂漠 | メイン | 速い男に憧れ、背中に見惚れ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/35-a1dcd8ab
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。