スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
東京砂漠
- 2010/10/17(Sun) -
DSC00471.jpg
2010.10.16 NEX-5

伊豆大島の三原山に登った。とはいえ車である程度のところまで登れてしまうから、肉体的な困難は伴わずあっけなく山頂まで上がれてしまう。
通常こうした場所では、困難の度合いに応じて感動が増すため、さほど時間をかけずに来てしまった場合には、あぁなるほど、程度のものにしか感じられず魅力乏しいものに思えてしまうのだが、ここではわずか1時間ほどのトレッキングで見事な寂寥感を伴う景色に出会った。

知らなかった大島。普段自宅前の海岸から遠く浮かんでいるこの島に、これほど目を楽しませてくれるものがあろうとは。裏砂漠と名付けられたカルデラ地形の内輪内は荒れ果てて誰も足を踏み入れず、じわじわと植物のみが育とうとしているのみであった。

国立公園に指定され、立ち入りの制限などがあるから遠くから望むしかないのだけど、ここでキャンプでもできたらと思わずにはいられなかった。
そして町へと降り、これまた素敵な誰もいないキャンプサイトでは、大島在住の方と出会いさらにこの島の魅力どころをたくさん教えてもらった。旅話をしたり魚を頂いたりとで、ここは沖縄か?と思うような島での2日間だった。
新島を初め、東京の伊豆七島は過去の俗化的な観光誘致で、今は自然や沖縄のような癒しを求めて訪れる人の少ない島々だけど、見方ややり方を変えればもっとおもしろき場所へと変貌するように思えてならない。
でも、そうなると僕のような人のいないところばかりを求めて旅する偏屈な観光客は楽しめなくなってしまうのだから、まぁこうしてそっとしておいてほしいとも願ってしまうのだが。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | トレッキング 日本 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<街並十色 | メイン | 続、見惚れる背中、恐れる気配>>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/18 20:29  | | #[ 編集] |  ▲ top

-見に来ました-
素敵なブログですね
ブックマートさせてもらいました

継続は力なり
2010/10/19 22:12  | URL | TAZI #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: メールありがとう  ヒラヤマ-
おかげで大島が色深い旅となりました。次回是非キャンプ実現しましょう!
2010/10/20 23:37  | URL | やっし- #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: 見に来ました-
ありがとうございます。TAJIさんとはカヤックの形状問わずまた一緒にツーリング行きたいです。
2010/10/20 23:41  | URL | やっし- #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/22 20:25  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/36-d11185fc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。