スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
明け方の大行進
- 2010/10/27(Wed) -
P6180278.jpg
2010.6.18 μ1030

前日から泊った宿で夜、男たちに囲まれ「お前も明日の朝ジョギングをやるから参加しな」と誘われていた。眠い目をこすりながらまだ日の明けやらぬ中、宿の敷地へと顔を出すとすでに黄色い集団が列をなしていた。

昨晩は10人ばかりの男と話をしていたから、せいぜいその程度の人数での健康趣味的ジョギングだろうと思っていたのだが、そんな類のものではまるでなかった。「早くしろ」「そこに並べ」とせかされ、僕はいつのまにか騙されたのかその黄色い列に並ぶしかなかった。ざっと見渡すと男女合わせて100人はいる。

きびきびとした号令をかける指導者的な男がいて、あまりおふざけではないと分かり、誘った男もこっそり僕に「見よう見まねで同じ動きすればいいから」とささやく。昨夜の彼らはしきりに「スクールスクール」と言っていたから、年齢的に先生の研修でもしているのだろうと思ったのだが、彼ら自身が受ける職業訓練校でのプログラムのために同じ宿に泊っていたのだった。

ストレッチが始まるが、それは日本の方式とあまり変わらず安心する。前方中心に立つ鬼教官のようなだみ声の男の号令に合わせないと、「おい、そこの黄色い日本人」とでも言われかねない恐ろしさがあった。
しばらくしてようやく黄色い集団は動き出した。ようやくジョギングかと思い安心して走りだすと、すぐに歩きの大行進といったものに変わった。みな軍隊のウォーキングソングのような掛けいをしながらそのリズムに合わせて手足を動かしている。沿道では寝起きの人がなんだなんだという顔で家の窓から顔を出し、子供たちは調子よく一緒に歌って手を振る。僕も巨人軍優勝パレードの選手のように手を振り返す。

まあ、そんな風にして行進したり走ったりしている間は怒られることもないだろうと思いきや、500mでUターンしてすぐに敷地へと戻ってきてしまった。
すると今度は蛙飛びや、ほふく前進が始まり、さらには「右向けー右」左向けー左」と号令に合わせて何度もくるくる一緒になって回った。
言葉が瞬時に分からないため一秒遅れて右向いたり左向いたり、反対に回ったりする僕にあきれたか不憫に思ったか、「もう抜けてもいいぞ」と助け船が出されようやく解放されほっとしたのだった。
そんなことに参加しなくてもいいのだけど、やはりなんだかわけのわからないことに顔を突っ込むことが奇妙におかしく、そして旅はより面白みを増す。

彼らは無事スクーリングを終え、仕事につくことができたのだろうか?
そして何より今日、スマトラで強い地震が起きたことを知り。誰も巻き込まれていないといいのだけどと心配している。
この朝出発時には僕の安否を気づかいつつ皆が温かく送り出してくれた。今僕は彼らの安否が気がかりで仕方ない。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング インドネシア② | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<金華山の言い伝え | メイン | 三浦半島、陸漕ぎ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/43-a72edb4c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。