スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ジャワ島の道
- 2010/11/06(Sat) -
PC220268.jpg
2009.12.22 μ1030

ジャワ島の東端から中盤にかけてはこんな景色がいつまでも続く。

国道に乗って毎日次の町から次の町へと目指すわけだが、その町と町の間はとりたてて何かがあるわけでもない。
進むために避けては通れぬ国道の、その路肩部分は道路から20cmほど不親切に落ていて、アンチバリアフリーなところが多い。後ろから猛スピードでトラックなどが疾走してきて、路肩にふり落とされるということはなかったが、正面からも同時に暴走車両が追い越しを仕掛けてくると話は別である。狭い2車線の中に後方から1台、前方から2台、我1台の我慢比べせめぎ合いになり、結局最終的には路肩へと自らが落ち、道を譲るというか追いやられるというこもあった。

まあどこもそうだけど、こんな追い越し禁止などという看板の効力はまるでないのだろう。それでもいやな気分に見舞われるほどのことはなかった。

道路両脇に防風のためなのかはわからないけど、低くてさほど年老いていない木が一列にきっちりと植えられたか残されている。暴走車両とのせめぎ合いに気を取られてばかりいたけど、道路脇の木の向こうには永遠と田んぼが広がっている。木などで隠さずもっと広大でのどかな光景をドライバー達にも見せれば、暴走欲求も少しは減るんじゃないかと思う。

旅する僕だけではなく、地元の小中学生やなんだか分からないものを大量に運搬する男達、きっとバイクなど高くて手が出せないのだろう、そんな彼らもまたこの道路を肩身狭そうに走っている。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング インドネシア① | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<鎌の男 | メイン | キラキラヒカル>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/48-5d39dc1d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。