スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
毎日ナシゴレン
- 2010/11/29(Mon) -
PC180144_20110116095210.jpg
2009.12.18 μ1030

インドネシアでは昼夜の食事で屋台を利用していた。
旅の初めの頃は、ものは試しにといろいろなメニューをオーダーして数々の失敗を繰り返していた。
鳥の煮込みスープを頼んだら、いかにも肉を食べ終えた後煮込みましたといわんばかりのかじりついた歯型の後が残った鳥ガラスープが出てきたことがあり、しばらく理解に苦しんだ。
普段お尻を洗い流すのに使う柄杓と同じもので、バケツから水をすくい、コップに入れて「はいどうぞ」と親切心たっぷりの笑顔でテーブルに出された時にも理解に苦しんだ。
ナシゴレンに添えるキュウリを切るのに、サビだらけのカッターで刻んでいて、さらに理解に苦しんだ。
それでも日本人からすればまだライスベースの食事が救いとも言えるが、西洋人からすればこの国の食事はとても耐えがたいものではなかろうか。

屋台も様々で、どこでも同じ味が味わえるというわけにもいかないが、平均してまずまずのものが出てくるのがこのナシゴレンだった。日本でもなじみとなったナシゴレンだけど、いわゆるチャーハンである。それに揚げせんべいみたいなのがくっついてくる。
旅の後半は毎日これを食べてえをしのいでいたけど、次第に食欲もなくなっていった。

とはいえ食べずには生きられない、走れない。
インドネシアでの空気の匂いはどこでもドブの香りが漂い、無理やり口に放り込んでいる食事が続いた。いつしかお腹が空いたという欲求がなくなっていた。

スマトラを経てシンガポールへたどり着いたとたんに、久しぶりにお腹が「ぎゅるー」っと悲鳴を上げた。
それまでのインドネシアの匂いから都会的なものに変わったからだろう。
シンガポールで待ち受けていた友人は、僕を中華料理屋へ連れて行ってくれた。
たまらなくおいしい。
脱ナシゴレン。

数週間後に迫った次のマレーシアのガイドブック見ていて愕然とした。マレーシアの食事というページを見ると「ナシゴレン」がトップを飾っていた。
なんてこったである。
まだまだナシゴレン文化を抜けだせないサイクリングが始まる。
関連記事
スポンサーサイト
この記事のURL | サイクリング インドネシア① | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<キリマンジャロのガイド | メイン | バイク小僧>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yasufreeman.blog53.fc2.com/tb.php/57-8097fcd8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。